昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/01/07

トイレは素晴らしいが、一つ問題が……

・座席までの階段通路

 これも不評だったが、確かに狭い。新国立完成後初のスポーツイベントとあって、スタンドの階段通路部分に二人並んで記念撮影をしている観客も少なくなかったが、そう立たれてしまうと前後の通行者が前をふさがれ、通り抜けることができなくなってしまうのだ。

 緊急時の避難路として考えても、オリンピック、パラリンピック後の改修工事で階段横の座席を縦1~2列取り払うぐらいの荒療治が必要ではないか。

採点:30点(惨事が起こってからでは遅いのです)

・Wi-Fi

 新国立は全席で無料Wi-Fiを利用できる。「Nationalstadium_Free_WiFi」にアクセスし、表示されたURLに自分のメールアドレスを入力して送信するだけでOKだ。速さも充分。日本人はもちろんのこと、海外からの観戦客にはうれしいサービスだろう。

採点:100点(インバウンド観戦客を、海外ローミングでのパケ死から救ったね)

・トイレ

 約6万人収容の新国立には、最大7万2000人を収容する横浜国際総合競技場の倍以上の男女トイレが設置されているという。そのおかげか、一緒に観戦していた編集者は、ハーフタイムでトイレの列に並んだ後、さらにフードコーナーに並んで買い物をしても、後半キックオフのかなり前に戻ってくることができた。トイレの床面積も広く、当然ながらまだ隅々まで清潔そのもの。

行列はできるが意外と早く買えるフードコーナー ©河崎三行

 ただひとつ気になったのは、大小とも便器が“低い”のだ。

 身長171センチ、自他ともに認める短足の私にして、小便器はちょうどよい高さ。確認のため座ってみた大にいたっては、少し座面が低くて使いづらそうだと感じた。障がいを持った方用の個室は別に用意されているから、もしかしたら子供の使用を想定してのことかもしれないが、だとしたら一部の便器で対応すればいいのではないか。スタンドのシート同様、こちらも大柄な欧米人観戦客の使用を考えていないように感じられた。まあトイレの場合は「低は高を兼ねる」から、放出角度を下方修正してもらったり、ちょっと我慢した姿勢で座ってもらえばいいのかもしれないが……。

採点:70点(でもやっぱりあれ、低いって!)