昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“They”が単数形に 英語辞典の世界的権威が認めた新たな用法

2020/01/10

「私の代名詞は THEY / THEM 」

 昨年9月、イギリスのシンガー・ソングライター、サム・スミスがインスタグラムにて宣言した。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sam Smith(@samsmith)がシェアした投稿 -


 続いて12月、アメリカの英語辞典、メリアム・ウェブスターが「They」を「今年の言葉」に選んだ。

「They」は三人称代名詞の複数形だが性別を問わない、つまりジェンダー・ニュートラルな言葉だ。対して三人称代名詞の単数形は「She」もしくは「He」と性別がある。冒頭の投稿で、サム・スミスは自分はノン・バイナリー(性自認が男性でも女性でもない)であり、今後は 「He」ではなく「They」と呼んでほしいとして発言したのだ。メリアム・ウェブスターはその用法を辞書に加筆したのだった。

文法的にも正しいと認められた単数形の「They/Them」

 英語は日本語のように主語を省けない言語につき、三人称の場合は文頭に「She」または「He」を使わなければならず、目的語にも「her」「him」が多用される。だが男女の2区分に違和感を覚える人たちや、男女のどちらでもないと感じる人たちがいる。そこで性別を問わない「They/Them」を単数形としても使う人たちが現れた。

 とはいえ、あくまで一部の人たちによる使用であったものが、サム・スミスというセレブによって広く認知され、かつ辞書がその用法を記載することによって、文法的にも正しいと認められたのである。

©iStock.com

女性か男性か、想起されないのがポイント

 以下はサム・スミスの「They」宣言を伝えるタイム誌の記事からの一部抜粋。ジェンダー・ニュートラルな単数形「They」の使用例だ。
 
Smith has been open about their gender identity and sexuality in the past. 
過去よりスミスは(彼らの)ジェンダー・アイデンティティとセクシュアリティについてオープンであった。

They came out publicly as gay in May 2014,
(彼らは)2014年5月にゲイであると公表し、

telling Fader magazine that they felt comfortable with their self, 
フェイダー誌に、(彼らは)(彼ら)自身について違和感はないが、

but didn’t want to make a big deal out of their personal life
しかし、(彼らの)私生活をおおごとにはしたくないと語った。

 このように現時点では日本語でも「They」は「彼ら」としか訳しようがなく、これまでの用法に沿って2人以上の人物がイメージされ、混乱する。ただし、その人物が女性か男性かは想起されず、まさにそこがポイントと言える。