昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

年間250泊する私が選んだ「本当によかったホテル&旅館50」(2019年1月~4月編)

藤沢にできた“湘南初のヴァケーションホテル” ほか

2020/01/13

genre : エンタメ, , 娯楽

■03月06日(水)グランドプリンスホテル広島(広島県広島市)

グランドプリンスホテル広島(広島県広島市)

 グランドプリンスホテル広島は何度も宿泊経験があるが、2年ほど前にクラブラウンジ&プリンスクラブフロアが設置されてからは初めての訪問。中国・四国地方最大のクラブラウンジとのことで、早速出向いてみたがなかなかの充実度。

グランドプリンスホテル広島(広島県広島市)

 特にカクテルタイムのオードブルに牡蠣があるあたりはさすが広島。ディナーは人気の最上階ブッフェではなく中国料理 李芳へ。酸味を生かした味付けが印象的。ここでも充実の牡蠣メニューが登場。

■03月18日(月)けやきの湯 ドーミーイン津(三重県津市)

けやきの湯 ドーミーイン津(三重県津市)

 ドーミーインはほとんどの施設に天然温泉を備えており、ビジネスホテルに温泉を導入したパイオニアである。こちらでも露天風呂やサウナ、水風呂なども男女別に用意されている。湯船やサウナでゆったりすれば旅の疲れも癒やされる。

けやきの湯 ドーミーイン津(三重県津市)

 また、ドーミーインといえば、もはや定番となった夜限定の特製「夜鳴きそば(醤油ラーメン)」の無料サービスも見逃せない。また、ご当地メニューも提供される朝食は品数も多く、ボリューム満点で楽しめる。

■04月08日(月)鎌倉古今(神奈川県鎌倉市)

鎌倉古今(神奈川県鎌倉市)

 鎌倉はホテル関連ではトピックのないエリアだったが、1月に開業した鎌倉古今は密かに話題になっている施設。

鎌倉古今(神奈川県鎌倉市)

 安政2年に建てられた古民家のリノベーションで、客室は88平方メートルと82平方メートルの2室のみ。そもそもホテルトピックがないのは古都保存法の関係もあったが、民泊新法により民泊として実現。ラグジュアリーにして最先端技術も導入。ディナーはRestaurant Coconにて。カウンター越しにシェフの一挙手一投足に見とれてしまう。

z