昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

演技派揃い? 新成人「永野芽郁世代」の顔ぶれとは――上白石萌歌、清宮幸太郎も

2020/01/13

 今年も成人の日を迎えた。ソニー損保は成人の日を前に、今年の新成人(1999年4月2日~2000年4月1日生まれ)を対象に「新成人のカーライフ意識調査」を行なった(1000人から有効回答。1月7日発表)。調査では「今年の新成人で、一緒にドライブに行きたい有名人は?」との設問もあり、1位は永野芽郁(24.0%)で、以下、俳優の上白石萌歌(12.4%)、乃木坂46の山下美月(9.7%)、King & Princeの髙橋海人(8.0%)、元子役で俳優の大友花恋(7.9%)、Sexy Zoneのマリウス葉(7.3%)、乃木坂46の大園桃子(5.8%)、シンガーソングライターの足立佳奈(5.3%)、登美丘高校ダンス部出身の俳優の伊原六花(5.0%)、俳優の岡田健史(4.9%)、欅坂46の小林由依(4.5%)、日向坂46の渡邉美穂(4.5%)、関西ジャニーズJr.の高橋恭平(4.2%)、北海道日本ハムファイターズの清宮幸太郎(4.0%)、元子役ですでに芸能界を引退した大橋のぞみさん(3.9%)といった名前があがった。これ以外にも、男女別の結果では、日向坂46の松田好花(男性10位、6.2%)と俳優の眞栄田郷敦(女性10位、3.2%)もランクインしている(※1)。

新成人を代表する永野芽郁。その「永野世代」(1999年4月2日~2000年4月1日生まれ)の「顔ぶれ」とは? ©AFLO

永野、上白石、大原……目立つ『3年A組』卒業生

 同世代からもっとも人気を集めた永野芽郁は、一昨年のNHKの朝ドラ『半分、青い。』で主演を務めたのに続き、昨年は『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)でヒロインの女子高校生を演じたのが記憶に新しい。

『3年A組』にはまた、前出の調査で2位となった上白石萌歌のほか、富田望生、大原優乃、鈴木仁、飛田光里、古川毅(SUPER★DRAGON)、横田真悠、若林薫、若林時英ら、新成人となった俳優が出演していた。このうち、ひときわ活躍が目立つのが上白石だろう。昨年は『3年A組』以外にも、NHKの大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』で戦前の五輪金メダリスト・前畑秀子を好演、映画では前年公開の『羊と鋼の森』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。この年明けには『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』(TBS系)、『教場』(フジテレビ系)とスペシャルドラマにあいついで出演、ヒロインを演じる新ドラマ『僕はどこから』(テレビ東京系)もスタートし、来月以降も舞台『お勢、断行』の公演、主演映画『子供はわかってあげない』の公開(初夏予定)も控える。

2000年2月28日生まれの上白石萌歌(もか)。姉は女優・歌手の上白石萌音(もね) ©文藝春秋