昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

父vs.兄妹で繰り広げられた「スマホ闘争」

――優しくて楽しいお父さんですね。ケンカしたり揉めたりしたことはなかったんですか?

真威人くん 「スマホ闘争」がありました。友達が皆スマホを持っていたから、ずっと「欲しい」と何度も何度もお願いしていたんです。でもお父さんは「お前にはまだ早い」と許してくれなくて。

真威人くん ©橋本篤/文藝春秋

天音ちゃん 大変だったよね。

真威人くん だから、小学生から中学生に上がるときにお母さんに頼んでこっそり買ってもらったんです。買ってもらってしまえば勝ちだと思って(笑)。その後にスマホを買ってもらったことをお父さんに言いに行ったら、やっと「毎日のお手伝いと犬の散歩をすること」を条件に許してくれました。でも僕より天音ちゃんは賢かったよね?

メディア露出を決めたあと、4人で記念撮影 ©加治屋 誠

天音ちゃん お兄ちゃんが買ってもらうときに大変だったことを覚えていたので、私も中学校に入るときにママに頼んで買ってもらってからパパに報告したんです。「携帯は連絡手段で使うし、いつ何が起こるかわからないから必要だよ」って説得しました。パパは「……」でしたね。でも舞衣ちゃんは小学生なのにもう持っているんですよ。

スマホの着信履歴はパパだらけ

舞衣ちゃん だってー、パパに頼んだら「お兄ちゃんやお姉ちゃんが熱中しているから絶対にダメ」って言われて、お誕生日にお願いしてもダメだったんだもん。このままじゃずっと買ってもらえないと思って、それでママにお願いしてこの前買ってもらったんです。最初は「パパが使おうか」と言われて、使わせてくれないかも!って思いましたが、最近はスマホで写真を送ると「舞衣ちゃんは写真の才能があるなあ」と褒めてくれます(笑)。

 でも、スマホを持ってから下校時刻になると、パパから「今どこだ?」っていう電話が掛かってくるようになって。「まだ学校の近くだよ」って言うと「あと何分くらいで着くんだ?」って、30分おきに電話があるんです。パパが出張のときは、私の位置情報を確認しているみたいです! 着信履歴はパパからがすごく多いです。

事務所に飾られていた初代仮面ライダー ©橋本篤/文藝春秋

天音ちゃん 本当に着信がすごいんですよ。学校で勉強していると、突然パパから電話が掛かってきて出られないことがあるんです。そうすると家で「何で出なかったんだ!」と毎回聞かれて。授業中だったんだよと説明すると、安心して「そうか……」って。ちょっと可愛いパパですね。そういえばつい最近、お兄ちゃんはスマホの使い方でパパに怒られていたよね?

真威人くん そうだった……。冬休みに家で電話をしながら、スマホでゲームしていたんです。最初はやさしく「そろそろ止めろよ。1時間経ったぞ」と言われていたんですけど、それでも夜遅くまでやっていたので、スマホを取り上げられてすごく怒られました。追いかけてゲームを奪い返そうとしたんですけど、お父さん相手では太刀打ちできず敗北です(笑)。その時に、ゲームを長時間続ける危険性が書かれた新聞記事を見せられて、「俺より早く老化するぞ」と、ひたすらお説教されました。止めなかった僕が悪いんですけど。でも次の日になると何事もなかったかのように接してくれたので、安心しました。

後編へ続く

スラリとしたスタイルは「お父さん譲りです」 ©橋本篤/文藝春秋

この記事の写真(26枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー