昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

――バレそうになったことはないんですか?

舞衣ちゃん もちろんバレそうになったときは何度もありました。友達と2人きりになったときに「本当はお父さん何してるの?」って小声で聞かれたことがあって、「自分もよくわからないけど……」と、ひたすら知らないふりをしました。2人はあった?

真威人くん きっかけは忘れたけど、「お父さんって芸能人なの?」って1人に疑われ始めて、噂が学校中に広まってしまったことがあったんだよね。しらを切り通してなんとか乗りきりました。でも、出掛けるときはもっと大変で……。

藤岡がプロデュースする藤岡、珈琲オリジナルのタンブラー。藤岡の写真入りの箱入りだ。取材が行われた藤岡の事務所には、藤岡グッズが飾られていた ©橋本篤/文藝春秋

天音ちゃん 本当に大変だったよね。家族で出かける時は、パパと少し距離をおいて後ろを歩いていました。パパが目立つから、近くにいる私たちが家族だと見られちゃうかもしれないと視線を気にしていました。映画館も家族なのに別々の席に座ったり、外食も時間差でお店に入店したりして。ヘンですよね(笑)。

鉄の掟を解禁してメディアに登場

――そんな「鉄の掟」があるなか、昨年9月に家族として公表しましたよね。どういう経緯で公表することになったのですか?

真威人くん まず「深イイ話」から出演オファーが来て、何度も家族でどうするべきか話し合いました。まず一番上のお姉ちゃんは出ないことになって。それで僕たち3人のうち誰かが1人で出る予定だったんですけど、1人だと心細くて、2人になり、そして最後に3人で出ることになったんです。どうなるか予想がつかなかったのですが、放送が終わってみたら一気に肩の荷がおりたような、解放感がありました。でも、あれだけ秘密だったのにお父さんの決断には驚いたよね?

取材中は終始リラックスモード ©橋本篤/文藝春秋

天音ちゃん パパが家族会議で「令和の新しい時代になって、2020年に向かうこの時期に新しい一歩を踏み出そうか」と言って、決まったんです。

――反響はありましたか?

舞衣ちゃん すっごくありました。放送翌日に学校へ行ったら、友達が走ってきて「見たよ!」って。「お父さんは藤岡弘、だったんだ」って驚いていました。放送後からはパパと普通に外でご飯を食べに行ったりできて、うれしかったです!

天音ちゃん 私も友達に囲まれて、すごい反響でした。「やっぱりお父さん、藤岡弘、だったんだー」みたいに言われて。バレていたんですかね(笑)。先生にも授業中にちょっといじられたりしました。

しっかり者の真威人くんが3人のまとめ役 ©橋本篤/文藝春秋

真威人くん お父さんは「やっぱりこうなるんだな、俺はわかっていたぞ。アッハッハー」みたいな感じでしたけど(笑)。