昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/01/28

「子どもの反抗期を思うと怖いです」

――向井さんご自身は、反抗期はあったのですか?

向井 ありましたよ! だから、人のことは言えないんですけどね。

 中学生のころは、ドンピシャ反抗期。親と口をきいていませんでした。うちの子はいま4歳ともうすぐ2歳なんですが、将来を思うと怖いです。反抗期の子を真っ向から迎えたところで、毎日喧嘩になるだけでしょうから、「ハイハイ、やってるな」と笑い飛ばせるくらいじゃないともたない気がします(笑)。そんな余裕を持ちたいですね。

 

――小さい子どものまま、ずっといてほしいと思いますか?

向井 それはたまに思います(笑)。まだまだ素直ですからね。

今でも変わらずに父を尊敬

――向井さんご自身は、お父様をすごく尊敬されていたそうですね。

向井 うちの父は元ラグビー選手だったので、スポーツが達者で、野球やラグビーを教えてもらいました。僕の中学にはラグビー部がなかったので、サッカー部に入りましたが、もしもあったら、ラグビーをやっていたと思います。

 僕が子どものころは、チャイルドシートはまだなく、いつも車の助手席に座っていました。床に足の届かない僕の隣で、大きな車を運転する父親は、それだけでも尊敬に値するくらい、かっこよく見えました。いまでは身長も体重もとうに追い越しているのでしょうが、それでも変わらず父を尊敬しています。

 

――ご自身も子どもたちに尊敬される父親でありたい、と思いますか?

向井 まあ、それは彼らが決めることですからね。ただ、アウトドアやスポーツなんかは教えたいですね。

z