昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/01/25

膀胱がんを早期で見つけることが難しいのは“女性”

 他の多くのがんと同様、膀胱がんも早期で見つけられれば、タイプにもよるが治療成績はいい。国立がん研究センターの集計による5年生存率を見ると、男性は78.9%で女性は66.8%。女性の成績が悪い理由を、岩佐医師が分析する。

「先にも触れたように、女性は生理による出血があるので、血尿に気付いてもすぐに病気を疑わない傾向にある。また、医療機関を受診するにしても、最初から泌尿器科に行く女性は少なく、多くは婦人科に相談する。その結果、膀胱炎を疑ってしばらく治療を行い、それでも治らないのでようやく『一度泌尿器科に診てもらっては?』という流れになることが多い。そのため、病気発見までに時間がかかるのです」

 岩佐医師はこうも言う。

「婦人科でも尿の細胞診検査は行いますが、そこで“陰性”となると、一旦はがんの可能性が排除されてしまう。でも、実際にはがんがあっても陰性になることは珍しくない。最初から泌尿器科に来てくれていたら、と悔やむことはありますね」

©iStock.com

 男も女も、「血尿が出たら泌尿器科」と考えておいたほうがよさそうだ。

近年増えている「血尿を見つけづらくする環境の変化」

 本来、血尿に気付きやすいのは男性だ。それは、尿を直接見やすい姿勢で排尿するから。

 しかし近年、「しぶきが跳ねて床が汚れる」などの理由から、“座尿男子(座って排尿する男子)”も激増中だ。こうなると尿の色を確認しづらくなる。

 もう一つ、やはり近年増えている「血尿を見つけづらくする環境の変化」がある。それは「便器のカラフル化」だ。

「白い便器にワインレッドの尿が当たれば一目瞭然ですが、最近はワインレッドの便器もある。それ以外にも青い便器に黄色い便器と、汚れが目立たず、しかも見た目におしゃれな色の便器が増えたことで、血尿に気付きにくくなっているのは事実です。その分、駅や会社のトイレで気付くケースが増えています」

 これから家を建てる皆さんは、少し掃除が大変かもしれませんが、便器は「白」がよろしいようで。

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー