昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

もうすぐ韓国にも追い抜かれる!? 日本が“生産性後進国”から脱出する方法

「1人当たりの国民所得」はスイスの半分以下

 日本は豊かな国であると信じられてきました。

 ところが、豊かさを単純に所得水準で測るとどうなるか。こちらの尺度を使うと、日本は必ずしも豊かとはいえないのです。

 国民1人当たりの総所得の世界ランキングにおける日本の順位は、この30年間で大きく変動しました。OECD(経済協力開発機構)加盟の35カ国での順位は、2017年の段階で日本は22位。トップのスイスと比べると、1人当たりの国民所得は半分以下です。過去、日本はこのランキングにおいて1986年から97年までの12年間は3位か4位を保持し、世界のトップ層でした。米国と比べても、97年までは日本のほうが上位でした。ところが現在、米国との差は逆転し、1人当たりの国民所得は米国の6割強にまで下がっています。

日本でお金を使いまくる中国人観光客 ©文藝春秋

 1人当たりGDP(国内総生産)ランキングをみても、日本は世界26位で、イスラエル(23位)やUAE(25位)にも負け、韓国(28位)とはわずかな差しかありません。最近何かと日本を刺激している韓国ですが、下手をすると、あと数年後には韓国に並ばれ、さらに順位が落ちる可能性もあるのです。

日本はアジア諸国に比べても物価が安い

 これはけっして数字上のマジックではありません。

 たとえば、東京都内を歩く外国人観光客は、年々リッチになっています。いまや大陸の中国人でも、日本人より金回りのよさそうな人が増えました。ニセコのホテルでは、1泊10万円ぐらいのホテルも外国人観光客でいっぱいです。

 逆に日本から海外に行くと、どこもかしこも物価が高く、驚きます。ロンドンでは1泊5万円ぐらいのホテルがざらにあります。

 実際に外国人と日本人の購買力の差が広がっていて、日本のほうが物価が安いのです。

 バブル崩壊後の「失われた30年」で、日本経済の凋落はここまで来たかと、あらためて思い知らされるのです。