昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/02/14

その4)[Windows]+[D]:デスクトップを表示/非表示

 デスクトップを表示/非表示にするためのショートカット。言うまでもなく「desktop」の「d」が由来です。仕事中にネットサーフィンをしていて上司が通りかかった時に画面を瞬時に隠す、いわゆる「ボスが来た」ボタンとしても機能します。もういちど押すと元の状態に戻ります。

ウィンドウをすべて最小化し、デスクトップを表示します。[Windows]キーのショートカットとしてはもっとも有名でしょう

その5)[Windows]+[Home]:使用中のウィンドウ以外を最小化

 現在使用中のウィンドウ以外を最小化するためのショートカット。前述の[Windows]+[D] とよく似ていますが、こちらは作業中のウィンドウが表示されたままになるので、デスクトップが散らかりすぎている時に作業に集中するためのショートカットとして役立ちます。もういちど押すと元の状態に戻ります。

アクティブでないウィンドウをすべて閉じます。全ウィンドウを最小化する[Windows]+[D]より重宝するとの説も

その6)[Windows]+[↑]:使用中のウィンドウを全画面表示

 現在使用中のウィンドウを全画面表示するためのショートカット。ブラウザや表計算ソフトをはじめ、作業に広い領域が必要な場合に重宝します。前述のエクスプローラー起動と組み合わせ、エクスプローラー起動後すぐ全画面にするキー([Windows]+[E]&[↑])として、連続で使うのもありでしょう。

ウィンドウを全画面表示にします。ちなみに矢印の向きを変えた[Windows]+[↓]だと最小化になります

その7)[Windows]+[←]または[→]:ウィンドウを画面の左・右半分に寄せ最大化

 ウィンドウを画面の左半分、もしくは右半分に寄せて最大化するためのショートカット。最小化するほどではなく画面のどこかには表示したままにしておきたい場合や、2つのウィンドウを左右に並べたい場合に便利です。マルチディスプレイ環境では、繰り返し押すことでもうひとつのディスプレイへ移動させることもできます。

ウィンドウを画面の左側だけで最大化します。ワイドサイズのディスプレイでは画面を効率的に使えて重宝します