昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

日向坂46井口眞緒 卒業のウラにあった港区男子への”鬼電”と涙のパジャマ事件

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

《井口眞緒です。何度もたくさんのご迷惑とご心配をおかけしてしまいすみません。自分の心の弱さでたくさんの人を裏切ってしまったこと後悔しています。本当に申し訳ありませんでした。言葉でどんなに謝っても足りないです。活動自粛期間中に外から日向坂46を見ながら自分のことを考えて私はアイドルとしての活動に区切りをつけて次の道に進もうと思いました。私は日向坂46を卒業します》

卒業を発表した井口眞緒の公式ブログ

 2月12日、日向坂46のメンバーで活動を自粛していた井口眞緒(24)が、グループからの卒業を自身のブログで発表した。「週刊文春デジタル」では、1月19日に井口と8頭身イケメンモデルの熱愛デートを報じている。

井口眞緒とイケメンモデルのデート写真 ©文藝春秋

 井口の活動自粛のきっかけは2019年8月末、ネットに男性とのツーショット写真が流出したことだった。芸能プロ関係者が話す。

「この“写真流出”を受けて、井口は9月8日から活動自粛に入りました。発覚当初は、日向坂46として2019年の紅白歌合戦の舞台に立ちたいという本人の強い意志もあり、井口はグループに残るという決断をしたのです。本人も反省し、2カ月の自粛を経て復帰するという発表をしました。しかし、いざ復帰直前になって、その話が流れてしまった」

 活動自粛の2カ月のあいだに、井口のグループに対するモチベーションが萎えてしまったのだという。アイドル活動について回る「プライベートの制限」が理由のひとつだったようだ。

 井口を知る人物が内情を明かす。