昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/02/18

逮捕から1年経ち、ようやく優里は“理解”した

 妻への“支配”について雄大の供述調書にこうある。

〈優里は最初は結愛への暴力を非難していたが、私の言葉の暴力に洗脳されて意見を言えなくなったのだろう〉

 この供述に自覚的に優里が向き合ったのは逮捕から約1年が経過した昨年夏。厳しい日課もしつけも「結愛のため」ではなく、雄大が快感を求めてやっていたことだ――そう理解するまで、それだけの時間を要したことになる。

現在、アパートは撤去されている(今年1月撮影)

 手記に書かれた優里の心情と、取材によって明らかになった事実を突き合わせたレポート「『結愛ちゃん母』慟哭の手記」を私は「文藝春秋」3月号および「文藝春秋digital」に寄稿した。

出典:「文藝春秋」3月号

 書き終えた翌朝に現場に向かうと、アパートは撤去され更地になってい
る。敷地内に一片、黄色い規制線のテープの切れ端が落ちており、それだけが事件の痕跡のように思えた。

 手記が、結愛のため、虐待で傷つく者を一人でも減らすため、と願う母親の償いの記録として残ることの意味を、改めて思った。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。@gekkan_bunshun のフォローをお願いします。

下記サイトでこの記事をより詳しく購読できます↓
※ロゴをクリックすると各サイトへ移動します
Yahoo!ニュース
文藝春秋

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー