昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「意識がなくなっても生かしておくことがヒューマニズムか」倉本聰が語る“尊厳死”という選択

85歳になった今、何を思うのか?

「僕はかみさんにもマネージャーにも伝えてるよ。植物人間になっても生きるということは全く必要ない。85歳になった今も、まだやれることやできることはあるかもしれないけど、そんなことを考えたらきりがないですからね。いい加減、どこかで『やりつくした』『ここまでやったんだからもういいでしょう』という気にならないと。そしてそのことを周囲にも納得させておかないとだめなんですよ」

 そう語るのは脚本家の倉本聰さん。10年ほど前、緩和医療をテーマとしたドラマ「風のガーデン」を手掛ける中で尊厳死についても考えるようになり、80歳を過ぎていよいよ老いや死を意識する中で、2年前には日本尊厳死協会の顧問にも就任した。

 自分の病気が治る見込みがなく死期が迫ったときに延命治療を断る「リビング・ウイル」にも登録し、会員証も持っているという。

倉本聰氏

「死の間際の苦しさがよくわかるんです」

「知り合いに鼻から管を入れられて酸素を送り込まれている男がいるけど、嫌がって自分で管を取っちゃうんですよ。そうすると管を取らないように、手にミトンのようなものをつけられて縛られちゃう。人間扱いされていないんです。

『人間の命の価値は何よりも尊い』なんて言葉があるうえに、医学が進歩したので生かしておけるから生かすんだという、ある意味では、はた迷惑な思想もでてくるんです。本人の意思と関係なく、たとえ意識がなくなっても生かしておくことがヒューマニズムということになっちゃってるわけですよね」 

 倉本さんは自身の父親を見送ったときの記憶が「尊厳死」につながったと語る。

「僕は、親父も婆さんも目の前で死にゆくのを見届けているので、死の間際の苦しさがよくわかるんです。そこに立ち会った人間として、もう少し楽にしてあげたかったという気持ちはある。それが尊厳死につながるんじゃないですか」