昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

北海道知事・鈴木直道(38)、愛犬「まめ」から教わる政治家としての姿勢

 新型コロナウイルスの対応をめぐり、北海道知事・鈴木直道氏(38)が全国から注目されている。鈴木知事には、かわいがる愛犬がいる。

北海道知事・鈴木直道氏と愛犬「まめ」 ©財界さっぽろ

「財界さっぽろ」が発刊する犬情報誌「わんハート Vol.16(2019年10月25日発売)」には、鈴木知事が登場。愛犬・まめ(柴犬・6歳・♀)と触れあう素顔や、犬への想いを語っていた。

 現在、寝る暇もないほど新型コロナウイルス対応に追われる北海道の若きリーダー。愛犬と戯れる貴重なショットを紹介したい。

(年齢・肩書きなどは掲載当時のものです)

「わんハート」最新号
わんハートHPはoneheart.fun

◆ ◆ ◆

夕張にはまめのお父さん、お母さんがいっぱい

「まめは家族であり、同志です」

 2019年4月に北海道知事に就任した鈴木直道氏は、2011年から8年間、夕張市長を務めたことでも知られている。

 当時から一緒に暮らす愛犬のまめちゃん。迎えたきっかけは、夫人の希望だった。

「私は実家で犬と暮らしたことがあり、老犬の世話の大変さや、亡くなる辛さを経験している。終生飼育の大切さを話し合い、柴犬を探すことになった」と鈴木知事は振り返る。

 訪れたのは札幌市内のブリーダー。柴犬ブームで、実はまめちゃんも海外から予約が入っていたとのこと。しかしブリーダーに「せっかくのご縁。夕張で暮らして欲しい」と背中を押され、めでたく鈴木家の一員になった。

「目指す姿勢は犬。一瞬を全力で生きたい」

©財界さっぽろ

 多忙な鈴木知事と夫人。双方が家を離れるときには、多くの家庭に助けられたと言う。

「年齢的に『もう犬は飼えない』というご夫妻が、交互にまめを預かってくれた。夕張にはまめのお父さん、お母さんがいっぱい」と笑う知事。

「私はなかなか散歩にも行けないが、どんなに疲れて遅く帰宅しても、まめは大喜びで出迎えてくれる。犬はいつも一瞬を全力で生きており、私の目指す姿勢でもある」(鈴木知事)