昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

今のドラマはわかりやすくないとダメ? 『テセウスの船』と『10の秘密』、視聴率に差がついた理由

2020/03/08

 1月期の連続ドラマもそろそろ最終回が近づいてきた。

 今期のドラマは医療ものが多く、『病院の治しかた』(テレビ東京)、『恋はつづくよどこまでも』『病院で念仏を唱えないでください』(TBS)、『アライブ』(フジテレビ)、『トップナイフ』(日本テレビ)と主だったもので5本もあった。

 人気ドラマは「医療もの」か「ミステリー」と言われて久しいなか、ミステリーは『10の秘密』(フジテレビ 制作はカンテレ)と『テセウスの船』(TBS)の2本だけだ。ほかに刑事ものとして『絶対零度』(フジテレビ)があるが、ここではミステリーにカウントしない。

 2作のうち注目されたのは圧倒的に『テセウスの船』で、視聴率は2桁キープで後半順調にあがっている。『10の秘密』は6%台をうろうろ。はっきりと明暗が分かれている。人気ジャンルの「ミステリー」に挑戦したドラマがたった2本のなか、ここまでの違いが出てしまったのはなぜなのか。『10の秘密』と『テセウスの船』を徹底比較することで、いま、ドラマに何が求められているか見えてきた。

『10の秘密』主演の向井理(左)と、『テセウスの船』主演の竹内涼真(右) ©文藝春秋

「だましあい」のカンテレと「タイムスリップ」のTBS

『10の秘密』は、昨今、人気の「だましあい」をモチーフにしたもので、離婚した夫婦が、娘の誘拐事件を機に対峙し、彼らのみならず、関わる人々の過去の秘密が次々と明るみになっていく。出演者は向井理、仲間由紀恵、仲里依紗、渡部篤郎、佐野史郎ほか。

 オリジナル脚本で、脚本家は、草彅剛主演のヒットドラマ『銭の戦争』『嘘の戦争』などを手掛けた後藤法子。演出家は『家政夫のミタゾノ』『セミオトコ』のほか、映画監督もしている宝来忠昭や『銭の戦争』『嘘の戦争』の演出などを務めた中西正茂。制作はカンテレ。

 一方の『テセウスの船』は「タイムスリップ」もの。殺人犯の息子として生きてきた主人公が過去にタイムスリップ、事件の真相を探り、未来のために過去を変えようと奮闘する。出演は、竹内涼真、鈴木亮平、榮倉奈々、上野樹里、安藤政信、麻生祐未ほか。

 漫画原作で、脚本家は『アリスの棘』などの高橋麻紀、演出は『花より男子』で大ヒットをとばした石井康晴や『グランメゾン東京』の山室大輔など。制作はTBSと大映テレビの共同制作だ。

 では2本のミステリードラマ、要素をひとつひとつ比較してみよう。