昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

新型コロナ 就活も異変「WEB説明会すら満席に」 大手企業が“超短期決戦”と焦る理由

2020/03/10

「コロナの影響で、新卒採用数が3割~5割減るという噂を聞いたのですが、本当ですか?」(女性・21歳)
「全ての就活の予定がキャンセルされてしまい、すごく心配です」(男性・21歳)

 私、福島直樹は就職コンサルタントとして長年にわたり就活生への支援を続けてきた。今年も3月1日から2021年卒大学生の就活が解禁された。しかし新型コロナウイルス感染症の影響で、企業の新卒採用は中止、変更が相次ぎ、上記のように就活生は不安を感じている。

2021年卒大学生の就活は3月1日に解禁したが……早速“異変”が起きている ©iStock.com

「7割」の企業説明会が中止&延期

 リクナビ 、マイナビ、キャリタスなどの情報サイトのみならず、大学主催の合同企業説明会も中止が相次いでいる。さらに企業個別の説明会、インターンシップ(就労体験)、早期選考、座談会も中止。社員と就活生が1対1で会うOB・OG訪問も禁止する企業も出てきた。

 日経新聞の調査(2月末実施)では、企業説明会などを中止もしくは延期した企業は約7割に上っている。

 一方で、感染対策として会社説明会や面接をオンラインで実施する企業が増加している。3月1日のマイナビ・WEB合同企業説明会では参加企業が256社と増え、学生の予約数も昨年の2.5倍の約6万5000人となっている。しかし、この動きに就活生が満足しているとは限らない。

なぜ「WEB会社説明会」が満席に?

「人気企業はWEB会社説明会が満席で予約できません」(男性・21歳)

 実はリアルタイムのWEB説明会は2000名など参加者数を限定することが多い。その理由を、ある大手企業の採用担当者が説明してくれた。