昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ジョンソン首相、チャールズ皇太子もコロナ感染「PCR検査は上流階級の特権なのか?」英国民怒りの理由

封鎖された英国からの報告

2020/03/28

genre : 医療, 社会, 国際

[ロンドン発]3連休が明け3月25日になって、東京都内の新型コロナウイルス感染者41人が新たに確認され、小池百合子知事は緊急記者会見で「感染爆発の重大局面だ」として週末の外出自粛を都民に要請した。週末限定とは言え、東京ロックダウン、首都封鎖が現実味を帯びてきた。

 筆者が暮らす英国では23日夜、外出禁止令が発動された。テレビ演説で、「数十年で最大の脅威」だと訴えたボリス・ジョンソン首相の感染が27日確認され、首相官邸で自己隔離することになった。

ボリス・ジョンソン首相 ©ロイター/AFLO

 筆者は外国特派員協会(FPA)に所属するキーワーカー(緊急時に不可欠なサービスを提供する労働者)なので、1日中、プレスパスを首にぶら下げ、ロンドンの自宅周辺や中心部を取材して回った。

咳が出た時、背中に冷たい視線が突き刺さる

 いつもは超満員で乗れないこともある地下鉄や英国名物2階建ての赤色バスもガラガラ。誰も乗っていない車両もある。地下鉄駅の入り口には「絶対不可欠な用件以外では利用しないこと」「他の人との間は2メートル開けて」と注意するポスターが掲げられている。

2階建てバスの乗客は1人だった。 ©木村正人

 英国の新聞は今もフィート(30.48センチメートル)を使っているが、ポスターは外国人観光客にも分かるようにメートル表示。地下鉄で見かけた乗客は全員マスクを着用していた。エレベーターは空気が悪く咳が出た時、ハンカチで口を覆ったものの背中に冷たい視線が突き刺さる。

風邪ぐらいではかかりつけ医さえ診てくれない

 欧州はアジアと違ってマスクをする習慣がない。マスクをしなければいけない状態なら外出しない。それが公衆衛生のマナーだ。風邪ぐらいでは病院どころか、かかりつけ医(英国ではGPと呼ぶ)さえ診てくれない。抗生剤を処方してくれることなどまずあり得ないのだ。現在ではマスクやスカーフで顔を覆っている通行人もいるし、中にはビニールの手袋をしている人もいる。

 神経質なほど予防が徹底していた中国人カップルも見かけた。マスク着用は当たり前だが、他の男性とニアミスが発生した瞬間、女性が消毒スプレーを取り出し、男性が通り過ぎた空間にシュッシュッと散布した。

バッキンガム宮殿前も閑散としている。 ©木村正人

 いつもは観光客でいっぱいのトラファルガー広場やピカデリーサーカスも閑散としている。バッキンガム宮殿ではカップルが交代で記念撮影していた。写真を撮ってください、と頼む相手が見当たらないからだ。