昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

賛成824票(87.8%)で再調査賛成派が圧倒的に多かった

「あまりにも理不尽」「記事を読んで涙が出ました」

 なにより赤木さんが遺した『手記』に心動かされた人が多かった。

<「すべて佐川局長の指示です」という記事を読んで涙が出ました。全てを下の人に押しつけてトップを守る。なぜこんなことをしなければならなかったのか? 正直に一切を話して欲しいです。>(女性・77)
<あまりにも理不尽である。自死した方の無念はいかばかりか、記事には文書改ざんの経緯が赤裸々につづられており涙が出た。絶対再調査をして究明すべきである。>(男性・77)
<命をかけて真実を書き残してくれた赤木さんの遺志を無駄にしてはいけない。>(女性・43)

 そして今回勇気を持って手記を公表した遺族へのエールも続く。

<「安倍首相と麻生大臣は調査される側で、再調査しないと発言する立場にない」(赤木さんのご遺族)これに尽きる。>(女性・57)
<もし、私の家族が同じ目にあったと考えると怒りを抑えられません。赤木さんの奥さんの気持ちを考えると涙が出ます。奥さんは「安倍首相と麻生大臣は調査される側で、再調査しないと発言する立場にない」とおっしゃっています。赤木さんの奥さんに真摯に向き合って欲しいです。>(男性・34)
<赤木さんの奥さんの立場に立ったら絶対に真相を明らかにすべき。今更全てがわかっても赤木さんは戻って来ないけど命を無駄にしてはいけない>(女性・39)

「手記」の内容は新事実ではないのか、そうであれば再調査すべきなのではないか、と問う声も多かった。

z