昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/04/01

genre : ニュース, 国際

 だがその直後に首相自身、チャールズ皇太子に続いて新型コロナウイルスに感染してしまった。27日の首相のツイッターに「咳や発熱症状が出て、検査で新型コロナウイルス感染と判った。今、首相官邸内の隔離中の自室から皆さんに話しています」と珍しく意気消沈した表情のビデオ録画を発表、英国民を驚かせた。症状はまだ軽く、引き続き自室に籠もり、閣議をビデオ会議で主宰し執務を続けるという。

ボリス・ジョンソン首相も新型コロナウイルスに感染

「ジョンソン首相はスキンシップが好きで、話し相手に屈み込むように接近し、興奮すると唾が飛ぶほど大声になります」(英首相の元同僚)

政府首脳が次々と感染判明で厳戒態勢に

 そのせいかどうか、今度はハンコック英保健相(41)も新型コロナウイルス感染が判明、さらに30日、首相の首席顧問のウイルス感染が明らかに。ともに自宅隔離のまま勤務継続となった。ビデオ会議で閣僚たちがつながる、世界史上初のバーチャル内閣がウイルスとの戦いを続けていく事態となった。

 英国の新型コロナウイルス感染者数は3月31日現地時間未明、2万2141人で死者は1408人。死者数は3月5日時点ではゼロだった。恐るべき感染力だが、30日、峠を越えたとの観測も出た。英政府は、首相が連日、首相官邸で2名の専門家を伴いビデオ記者会見を行い国民にメッセージを発信していたが、首相の感染以来、担当国務相が専門家と同じ形で定例会見を続けている。

新型ウイルス肺炎が流行する中でエリザベス女王と首相が電話 ©AFLO

「英政府は、死者を2万人以下に抑えよう!とショッキングな数字を掲げ、相当な犠牲者の覚悟を国民に迫っています。すでにロンドン市内の国際見本市会場を最大収容能力4000床の新型肺炎患者専用の仮設病院に改装し終わり、全国で新たに合計3万3000床の同様な収容施設を各地に準備中です。新型コロナウイルスの診察・治療に携わる医療関係者専用に、ロンドン近郊の高速道路沿いに6車線の車内で検査可能なドライブスルー方式の検査センターを急造。英政府はおカネをドンとまとめて地方自治体に与え、キメ細かい対策は現場に委ねるやり方です」(在英ジャーナリスト)