昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「あなたをもう王室メンバーとみなさない」エリザベス女王vs.メーガン妃 引退宣言をめぐる水面下の嫁姑戦争

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 国際

 1月8日は、エリザベス女王(93)の70年近い在位中、最大の憤怒の日として記憶されるだろう。この日、ハリー(ヘンリー)王子とメーガン妃は、高位王室メンバー引退宣言をインスタグラム上に電撃発表し、女王はテレビニュースでそれを知った。チャールズ皇太子もウィリアム王子も寝耳に水だった。

1月9日、メーガン妃夫妻の英王室引退「MEGXIT」の見出しが躍る英国大衆紙「サン」を手に、バッキンガム宮殿前から中継するテレビリポーター ©アフロ

女王との関係はもはや修復困難か

 女王は怒りを露わにはせず、「サセックス公爵(ハリーとメーガン)夫妻との話し合いは初期の段階だ。異なる手法を取りたいとの彼らの願望は理解するが、吟味には時間が要る複雑な問題だ」との声明を王室報道官に出させた。すると間髪を入れずメーガン妃は引退条件の交渉をハリー王子に任せ、カナダに発ってしまった。女王と2人の関係はもはや修復困難なノーリターンの状態に陥った。

エリザベス女王(2020年1月12日) ©アフロ

 女王の生涯は波乱に満ちている。英国王エドワード8世が米国のシンプソン夫人との恋を成就するため1936年末に退位し、弟が国王ジョージ6世となり長女のエリザベスに次期女王の運命が巡ってきた。第2次大戦中、ナチスドイツのロンドン大空襲が始まると英首相は国王にカナダ疎開を勧告。国王は拒み一家は英国内に留まった。14歳のエリザベスはラジオを通し可憐な声で国民を鼓舞した。

 1952年、国王死去に伴い25歳で女王戴冠。2世紀をまたぐ女王の時代で最も悲しい思い出は1997年のダイアナ妃の交通事故死だった。葬儀で思わず泣き崩れそうになる12歳のハリー王子を15歳のウィリアムが健気に慰める姿に、全国民が涙を誘われた。

 やがてウィリアムは学友のキャサリンと結婚し、チャールズ皇太子を凌ぐ国民的人気を集めるようになった。女王の最愛の孫といわれたハリーは「世界で最も待望される独身男性」とマスコミに呼ばれ、英国軍士官としてアフガニスタンに赴くと、危険度の高いヘリコプターの作戦任務につく姿がさかんに報道された。