文春オンライン

発掘!文春アーカイブス

55年前のヨット単独航海「太平洋横断ひとりぼっち」#2

55年前のヨット単独航海「太平洋横断ひとりぼっち」#2

逮捕も覚悟した命懸けの冒険譚

2017/08/14

source : 文藝春秋 1962年11月号

genre : エンタメ, スポーツ, 国際

 乗客も声をかけてくる。

「ダイジョービ?」

 日本語だ。

ADVERTISEMENT

「大丈夫」

 叫びかえす。

 通じたもので、ニコニコしている。

 ぼくから、セーラーに質問してみる。

「ホエア・ドゥー・ユー・ゴー?」(どこへいくんだ?)

「パナマ」

 パナマ経由でニューヨークに帰るらしい。

 しかし、それより、現在位置が知りたい。なんと聞いたらいいのか、見当がつかないので、しかたなしにデタラメで、

「ハウ・マッチ・ポイント・ヒア?」

 そしたら、いっぺんでわかってしまった。

「スリー・エイト・ポイント・フォー、ノース」

 北緯38度40分だ。

「スリー・セブン・ポイント・トゥー・ファイブ、ニイシ」

 37度25分。つまり、137度25分を略したのだろう。が、最後の「ニイシ」がつかめない。

「ニイシ。ニイシ」

 と連発されて、やっと察しがついた。なんのことはない。「西」だ。日本語である。西経をいっている。念のため、航海日誌のとびらページに、メモをとる。

 ぼくの計算とは、ちょっとちがう。大したことはないが、50マイルばかり予定より進んでいるようすだ。聞きちがったかと、もう一度、念をおす。

「サーティ・セブン・ポイント・トゥー・ファイブ?」

「ザッツ・ライト」(そうだ)

 どうもおかしい。おかげで、これからあと、計算がややこしくなる。教えられたのと、自分で出したのと、この地点を示す2つの位置をベースにして、いちいち、2種類の数字を併用する方法を使った。

 最後にわかったのだが、結果は、ぼくのほうが正しかった。本船の乗組員がミスするはずはない。ぼくの発音と耳のせいだったのだろう。

 さて、あまり長くひきとめてはすまないと考えて、別れることにする。

「グッド・ラック!」

 てんでに激励してくれる。なん人かはカメラをむけている。

「サンキュー・サンキュー」

 こちらも負けずに、シャッターを切る。切りながら、日本語で、

「元気でね」

「ありがとう」

「ゴッツォハンデ」

 いろいろと叫ぶ。どうせ通じっこない。しかし、こういわなくては気分が出ない。人間にむかって、日本語を話してみたかったのかな。別れしなに、中年婦人の客が、なにをおもったのか、だしぬけに尋ねた。

「ハブ・ユー・ザ・パスポート?」(旅券お持ちなの?)

 ドキンとする。持ってないとはいえない。ここでつかまるなんて、まっぴらご免だ。あと、ほんのわずかじゃないか。聞きとれないふりをして、

「パードン?」

「パスポート、パスポート」

 やけに念入りな発音で、たたみかける。実によくわかる。

「パードン?」

「パスポート、パスポート」

 好意でいっていると承知していても、あまりうれしくはない。

「サンキュー。グッド・バイ」

 いい加減にして、ヨットをまわす。なぜ、あんなことを聞いたのか。さっぱり想像がつかない。

©iStock.com

7月26日(木)=第77日

 日の出後3時間、凪いでいたのが、SEから順風。3ノットで快走しだす。朝食を食べはじめたら、パタンと風が落ちた。それでおしまい。まったくのヒヤカシだ。

 そろそろ北が吹いてくれてもいいとおもう。落ちつかない。

 が、夕方になって、北からの微風が吹いたり、やんだり。やけに気を持たせてくれるわい。モタモタしはじめてから、もう5日目だ。だいぶロスした。

 水が少なくなってきた。飯たきの水がわりにビールを使ってみた。食べられないことはない。ビールなら、まだ4ダースある。以後、これでいくことにする。〉

 飯ゴウに米を入れる。200ccの計量カップで、2杯とちょっとだ。2合半にあたる。1日ぶんである。

 これをスターンから海につけて、水をすくう。太平洋の水は、清潔この上ない。タッタッと洗う。といだのへ、300cc入りのカンづめビールを、2本マイナス・アルファーだけ入れた。マイナス・アルファーのぶんは、小生ののどをくぐる。

 飯ゴウにフタをして、コンロにかける。水で炊くのとおなじつもりでいたら、突如として大爆発をおこす。フタがポーンとふっ飛んで、泡がモコモコとこぼれだした。でも、飯にはシンも残っていなかった。味は感心しない。まあ、温いうちに食べれば……。

「うまい、うまい」

 例によって、いいきかせながらパクついた。

 このあと、いろいろと工夫する。ビールと海水が半々なら、いくらかマシだ。海水だけよりはずっといい。清水とビールだと、もっといける。ビールの水割りライスである。

「太平洋横断ひとりぼっち」#3に続く)

55年前のヨット単独航海「太平洋横断ひとりぼっち」#2

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー