文春オンライン

【追悼・岡江久美子】乳がんの相談を受けていた10年来の友人が告白「発熱前日にLINEした、志村けんさんのこと」

 岡江さんは「はなまる」出演当時、母親の介護に熱心だったことが報じられている。

「介護していたということも、報道が出るまで全然知りませんでした。友人同士でご飯を食べたりするときも終始明るくて、そんな苦労を周囲に感じさせないんです。

 最近は仕事よりも、家族と過ごしたり旅行に行ったり、好きなことをして過ごしていたみたいです。タンメンが好きで、1人でタンメンを食べるために出かけていて、たまにLINEで『タンメンを食べに埼玉の○○まで行った』とか連絡がくる。他にも、3日間プリンだけを食べる旅行をしたって写真が送られてきたり。バイタリティがあって、面白い人でした」

ADVERTISEMENT

TBSの生活情報番組「はなまるマーケット」出演時の(左から)斎藤哲也さん、薬丸裕英さん、岡江久美子さん、久保田智子さん(2004年)©時事通信社

忘れられない「別れ際の岡江さん」

 岡江さんの突然の訃報に、著名人からも続々とお悔やみコメントが寄せられている。いち早くコメントを発表した1人が、長年仲が良かったという中山秀征だった。

「岡江さんは秀さんと本当に仲が良くて、よくお酒も一緒に飲んでいたと思います。『ローカル番組に秀ちゃんがこの前呼んでくれたの。地方だったけど、秀ちゃんだったから出ちゃった』って、嬉しそうに報告してくれたこともありました」

 岡江さんは今後の仕事について、こんなことを漏らしていた。

「『はなまる』が終わってからは、『また女優をしたい』って洩らしていました。生放送を毎日やっていたら連続ドラマは出られないですからね」

岡江久美子さん ©文藝春秋

 Aさんには、忘れられない岡江さんの印象的な姿があるという。

「飲みに行った帰り際って、『バイバーイ!』って手を振って、たいていもう1回くらい振り返って手を振り直したりするじゃないですか。でも、岡江さんは1回別れたら、一切振り返らないんですよ。その姿がすごくカッコいいなって、いつも思っていました。でもまさか、そんな別れ際のような去り方で逝ってしまうなんて……。本当に素敵な姉さんでした」

 Aさんは声を震わせながらも、つとめて明るく話してくれた。

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

【追悼・岡江久美子】乳がんの相談を受けていた10年来の友人が告白「発熱前日にLINEした、志村けんさんのこと」

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事