昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ウンナンの「未来日記」覚えてる? 福山雅治『桜坂』から20年、230万枚空前ヒット誕生秘話

2020/04/26

 2000年4月26日、ミュージシャンで俳優としても活躍する福山雅治(当時31歳)の15thシングル「桜坂」がリリースされた。いまからちょうど20年前のきょうのことだ。

 この曲は、TBS系のバラエティ番組『ウンナンのホントコ!』の人気シリーズの第5弾「未来日記V スケッチブック」の主題歌として2000年3月から2カ月間、番組の印象的なシーンで流された。このシリーズは、1組の男女が毎回、これから起こるできごとを記した脚本を渡され、それに従って行動しながら物語をつくっていくというもの。第5弾ではウッチャンナンチャンの南原清隆による脚本をもとに、台湾人女性と日本人男性が言葉の壁をスケッチブックを介して乗り越え、最後には結ばれる。男女が最後の場面で会う場所として選んだのが、2人の思い出の地であり、主題歌で歌われた東京都大田区にある桜坂だった。

20年前、2000年4月26日にリリースされた福山雅治の「桜坂」

「好きな子にね、正直な気持ちを打ち明けられなかった」

 最終話では、福山が警官役でサプライズ出演し、桜坂で彼女を待つ青年にこんなふうに話しかけた。

《昔、俺、この近所に住んでて。ちょうど、何年くらいかなあ……2、3年住んでいたんだけど、結構いろいろ仕事とか忙しくて、好きな子とかにね、自分の正直な気持ちをちゃんと打ち明けられなかったことがあってね。また桜が咲くころにいつかここで会えたらいいななんて思って》

今年2月に51歳になった福山雅治。「桜坂」のリリース時は31歳

 福山が桜坂の近くに住んでいたのは、現在も所属する芸能事務所アミューズのオーディションに合格し、1990年にシングル「追憶の雨の中」で歌手デビューを果たしたあと、俳優としてもTBS系『あしたがあるから』(1991年)でドラマに初出演したころだという(※1)。