昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ダウンタウン浜田雅功“200万枚伝説” 25年前『WOW WAR TONIGHT』バカ売れを松本はどう思った?

2020/03/15

「ほんまお願いします。ミリオンセラー、よろしくお願いします!」

 フジテレビ系の音楽番組『HEY!HEY!HEY!』で、司会のダウンタウンの一人、浜田雅功(当時31歳)がそう言って小室哲哉(同36歳)に頭を下げたのは、同番組が始まって2カ月後の1994年12月のことだった。小室はこの回、篠原涼子とゲスト出演した。ちょうど同年7月にリリースされた小室プロデュースによる篠原のシングル「恋しさと せつなさと 心強さと」が、200万枚を売る大ヒットとなっていた。ダウンタウンとしては、バラエティ番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』で共演する篠原のヒットに触発されたところもあるのだろう。また篠原以外にも、ダンスボーカルユニットTRFのシングルがあいついでミリオンとなるなど、このころには小室のプロデュースするアーティストは当たるというイメージができ始めていた。浜田が番組中のトークで「僕らにも(曲を)書いてくれませんか」と小室に頼み込み、頭を下げたのには、そうした背景があった。

1994年7月にリリースされた篠原涼子「恋しさと せつなさと 心強さと」。200万枚を超える大ヒットとなった

ちょうど25年前に発売された「WOW WAR TONIGHT」

 小室は翌1995年1月にも再び『HEY!HEY!HEY!』に出演し、すでに制作に入っていた浜田の曲はもしかするとヒットチャートで1位になるかもしれないと自信を示し、そのため当初浜田と同じ日に予定されていたTRFの新曲のリリースをずらしたと明かしている。果たしてTRFの「Overnight Sensation ~時代はあなたに委ねてる~」発売の翌週、1995年3月15日、浜田と小室によるユニットH Jungle with tの1stシングル「WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント~」がリリースされた。いまから25年前のきょうのことだ。同曲はヒットチャートで首位を7週もキープする大ヒットとなる。小室はこのあと1995年中には、華原朋美や安室奈美恵、また自らもメンバーとなった新ユニットglobeなどのプロデュースも手がけるようになり、以来数年にわたってメガヒットを連発した。「WOW WAR TONIGHT」はまさに“小室時代”の開幕を告げた1曲といえる。

H Jungle with tの1stシングル「WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント~」。25年前、1995年の3月15日にリリースされた
TRF「Overnight Sensation ~時代はあなたに委ねてる~」は1週間前の1995年3月8日リリース

 もっとも、浜田としては、小室に曲を頼んだのはもともとシャレのつもりだった。これに対し小室は「頼まれたら断れない」「だから頼まないでください」と応じていた。