昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

モト冬樹が初めて明かした志村けんへの後悔「俺には田代の役割が……」《盟友の死から1カ月》

「志村さんの追悼番組や再放送を見ていると、亡くなっているのにコントを見て思わず笑っちゃう。普通だったらお笑いでも追悼番組だと笑えないじゃない。そんな姿を見て、きっとあの人は天国で『やったー』って喜んでいると思うよ。

 志村さんの追悼番組だから視聴率が上がっている、というのは違うと思うんだよ。こういうツラい時代にこそ、あの人の笑えるコントが必要なんだよ。だから皆見るんだよ。志村さんにはこんな時にこそいてほしかった……」

 新型コロナウイルスによる肺炎で3月29日に亡くなったお笑いタレントの志村けん(享年70)の盟友だったモト冬樹(68)が、「文春オンライン」の取材にやり場のない思いを語った。

今年2月の誕生日会での志村けんとモト冬樹(モト冬樹のブログより)

 希代の喜劇俳優の急死から1カ月――。

 5月1日には、NHK連続テレビ小説「エール」で、生前に撮影された志村の登場シーンがはじめて放送された。白いYシャツにサスペンダー姿で、口ひげを蓄えた志村は真剣な眼差しと表情で作曲界の重鎮役を演じた。「それがどうした」「本物か紛いものか……、楽しみだね」と、短いセリフながら、俳優・志村けんの存在感は大きかった。

「朝ドラの姿はすごい。だけど、まだツラい」

 昭和、平成、令和とコント一筋だった志村と40年来の付き合いがあったモト冬樹は、かねてから「俳優・志村けん」を熱望していた。そのことは志村の入院時の「文春オンライン」のインタビューでもモト冬樹は明かしていたが、朝ドラ出演は改めて衝撃だったという。

「朝ドラに出演している志村さんを見て、あの姿はすごいと思った。もう完全に“志村けん”じゃないんだよ。コントであれだけ“あり得ないキャラクター”になりきって人を笑わせられる人が、どれだけ実力があるかってことだよね。ああいう人が俳優をやったらかなわない。

3月29日に亡くなった志村けんさん。いま朝ドラ出演も話題となっている ©文藝春秋

 俺は『俳優としての志村さんの演技がみたい』って何年も前からずっと言ってきたから、朝ドラや主演映画が決まったときに、『志村さん、よかったー』って、志村さんよりも俺のほうが喜んでいたんだから。

 主演予定だった映画『キネマの神様』は山田洋次監督と志村さんが組むんだから、“志村さんは第2の寅さんになる”と信じていた。でも、役者としての志村さんの凄さがわかるのと同時に、残念さを同じくらい感じてしまうんだよ。だからちょっと今はまだツラくて、朝ドラの映像もどこまで見てられるかわからない」