昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「田代って、あんなめちゃくちゃなヤツだけど、コントの打ち合わせでみんな悩んだりするときは、相当意見を出していたと思う。俺は田代を認めていた部分もあった。あいつも同じミュージシャン出身だし、ラッツ&スター時代も田代が振付なんかをやっていて、間合いとかテンポのセンスは抜群だったからさ。本当に残念だよ」

モト冬樹の2017年2月のブログより

「才能ある人が先にいなくなっていく」

 新型コロナウイルスは、ドラマ「天までとどけ」(TBS系)の母親役や、情報番組「はなまるマーケット」(同)のMCとして親しまれた女優・岡江久美子(享年63)の命も奪った。生前、岡江と何度も共演したモト冬樹は、一度大きく溜息をついて、心境を吐露する。

「俺は『はなまるマーケット』に何度も出たし、もう随分前のことだけど岡江さんとはドラマで共演したことも何度かあるんだよ。岡江さんは江戸っ子でサバサバしていて、すごくかわいさがあって、あの人がいると周りが本当に笑顔になる。志村さんの次に、まさか岡江さんがっていうのは本当にツラい。

4月23日に亡くなった岡江久美子さん ©文藝春秋

 いい人から先に亡くなるんだなって思う。才能ある人が先にいなくなっていくような気がして、残っているのは俺のようなカスとかさ、そういうのが長生きするのかなって思わざるを得ないんだよ。それが悲しいよね。なんでいい人から先に亡くなっていくのかを考えると、この世の中で俺らは『まだ修行しろよ』と言われているような気がする。志村さんや岡江さんは十分に世の中に貢献したから、天国に行ったのかなって思うようにしている」

「生きててなんぼなんだから。身体を大事にね」。インタビューの最後にそう記者に語りかけたモト冬樹。現在、新型コロナウイルスによる余波でほとんどの仕事が白紙となり、毎日自宅で過ごしているという。一日も早い新型コロナウイルスの感染拡大の収束を願いたい。

この記事の写真(11枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー