昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「つまらねえ人生送ってろよ」元HKT48菅本裕子がトラブル謝罪のウラで大暴言

《反省の色が見えないと取られてしまうでしょうし、今年の誕生日生配信イベントは中止させて頂きます。SNSも、対応終わるまで発信を控えさせて頂きます。反省しております。本当に申し訳ございませんでした》

 4月27日、ツイッターでこう謝罪をしたのは、自称「モテクリエイター」として活動する元アイドル・菅本裕子(25)。“ゆうこす”の愛称で若者に人気のHKT48の元メンバーだ。

2017年6月、初DVD「ラストサマー」の発売イベントを行ったHKT48の元メンバー・菅本裕子
菅本は4月27日、ツイッターで謝罪

 菅本が謝罪をしたのは、2019年5月19日に菅本が自分の誕生日をセルフプロデュースした「ゆうこす商店街25スペシャルライブ」にからむトラブルだった。

特典付きのプレミアムチケットが2万5000円

「その日は昼から夜にかけて『下北沢ケージ』という屋外のイベントスペースでトークやグッズ販売などが行われました。その後、23時から同じ下北沢のライブハウス『CLUB Que』でライブイベントが行われ、ロックバンド『銀杏BOYZ』の峯田和伸や編集者の箕輪厚介氏、お笑いコンビ『ダイノジ』などがゲスト出演して大盛り上がりでした。

ゆうこす商店街25の公式ツイッターより(2019年5月31日)

 このライブのチケットは通常価格2500円でしたが、様々な限定特典がついているプレミアムチケットは2万5000円で販売されました。その特典の1つがトラブルの原因である『ゆうこすの私物プレゼント』。これが約1年経った現在でも多くの購入者のもとへ届いていない。今年もゆうこすの誕生日の時期になり、それが発覚してSNSで大炎上したわけです」(イベント関係者)