昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 そもそもこのイベントはファンが大きく関わっていた。アイドルとファンがひとつとなって成功させた手作りのイベントだった。

「会場の設営やイベントの打ち合わせにボランティアスタッフが参加しています。これはゆうこすがSNSで募り集まったファンたちです。当日は昼のイベントの設営で朝8時に集合。彼らはそのままイベントに参加し、23時からのライブの設営もしていました。多くがゆうこすのコアなファンたちで、今回集まったボランティアスタッフは“ゆうこす愚連隊”と名付けられていた。ゆうこすの近くで働けることが楽しいと話していたんです」(同前)

ゆうこす商店街25の公式ツイッター(2019年5月31日)
ゆうこす商店街25の公式ツイッター(2019年5月31日)

届き始めた「私物プレゼント」は結局……

 最近になって、問題の「ゆうこすの私物プレゼント」がファンの手元に届き始めている。

「ツイッターでゆうこすの私物が届いた報告をしているファンが数人いました。私物というのはコスメセットなどのようです。でも、僕のところにはまだ届いていません。今でもゆうこすのファンですが、今回の炎上はファンを裏切るような行為や発言があり、好きな気持ちは消え失せました。ファンとも楽しそうに交流するゆうこすが好きだったからこそ、裏の顔があるように見えて悲しい出来事でした」(同前)

 菅本を知る人物は「彼女はホンネを隠せないから炎上してしまう」と話す。

「ゆうこすは正直すぎるんです。普通タレントなら恋人の存在を隠したりしますが、『彼氏とグラタン作って食べて、一緒にお散歩した』とか、サブアカで発言しているんです。それ自体は悪いことじゃないです。ただ、彼氏とのプライベートが充実していることを隠していない中で、ファンが買ってくれた商品の発送が滞っているのは、いただけませんね」(菅本の知人)

サブアカでは彼氏とのリア充ぶりも隠さない

 同じ元HKTの「博多の乱」脱退メンバーでは最近、谷口愛理さん(21)が4月16日、大麻取締法違反(所持)の疑いで福岡県警に逮捕されるという事件があった。福岡県警西署は4月18日、谷口さんを送検。福岡地検は4月28日に処分保留で釈放し、30日には証拠不十分で不起訴処分としている(「【現在はカリスマキャバ嬢だった】元HKT48メンバー大麻逮捕の裏に半グレ彼氏の傷害・監禁事件」ほか参照)。

 脱退から8年、元アイドルたちの人生もいろいろである。

この記事の写真(17枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー