昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

小泉今日子、きゃりーぱみゅぱみゅも炎上……「芸能人は政治に口を出すな」という人々の考え方

2020/05/11

 9日からツイッター上で盛んに投稿され始めた「#検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグ。検察官の定年延長を可能にするこの法案への抗議は、その日のうちに100万ツイートを達成、その後も伸び続けています。

 きゃりーぱみゅぱみゅ、秋元才加、大久保佳代子、城田優、SKY-HI、浅野忠信、Chara……お、Chara(by 久保田利伸)etc。人気作家や漫画家、映画監督などに続き、普段はあまり政治的なツイートをしないこれら芸能人・アーティストからの投稿が相次いだことも、ツイッタートレンド1位となる大きな要因だったのではないでしょうか。

 これらの方々のツイートは「声を上げてくれてありがとう!」と賞賛で迎えられる一方、「幻滅しました」「政治的なことツイートして欲しくない」「内容わかってます?」といった否定的な意見も多く呼び寄せています。そしてリプ欄にて行われる本人不在の喧々囂々言論バトル……まさに「私の~リプライ欄で~もめないでください~そこに私はいません~」状態。芸能人が政治的な発言をするたびに起こるこのざわつきや不協和音の正体は一体なんなのでしょうか。千の風を感じながら考えてみたいと思います。

芸能人が「政治的発言」をした時のざわつき問題

「人間だから間違えや失敗は誰にでもあるだろう。一生懸命やった結果だったら人はいつか許してくれるかもしれない。でも汚らしい嘘や狡は絶対に許されない。カビだらけのマスクはその汚らしさを具現化したように見えて仕方がない」

4月22日、「株式会社明後日」小泉今日子さんのツイート


 こちら4月22日、なんてったってアイドル小泉今日子さん(アカウント名は『株式会社明後日』)が政府配布の布マスク不良品ニュースとともにポストしたツイート。先ほどの「#検察庁法改正案に抗議しますツイート」と同様に、「よくぞ言ってくれた」「さすがKYON2」という賛と「極左の活動家」「捏造にも気づけないなんておいたわしい」「終わったタレントですね」という否が入り乱れ、中には「狡って、不倫も狡でしょ」という、とばっちりのようなコメントも。

小泉今日子さん ©文藝春秋

 さらにこの「KYON2発言」が大きく知られるきっかけとなったのはこの記事。(「小泉今日子ら芸能人の“政権批判”が、どこか空虚な理由」日刊SPA! 2020年5月5日 https://nikkan-spa.jp/1664969

「根拠となる自らの立場を明らかにしていない」「政治的な思想なり態度なりを表明したことのない人が、大きな事件が起きると、いきなり権力を批判しだしたりするから、唐突感が否めない」etc、綿々とつづられるKYON2発言に対する「違和感」にこちらも賛否両論、特に芸能関係者から批判の声が多く上がっていました。すでにこの辺りから「芸能人が政治的発言をした時のざわつき問題」は燻っていたのであります。