昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「三十路の女には、ロクな男が寄り付かない」55歳の風俗嬢が“救いの神”を待ち続ける理由

『年収100万円で生きる-格差都市・東京の肉声-』より#2

「貧しいのは本人の努力不足」「貧困を抜け出せないのは頑張りが足りないから」……個人の環境の違いに目を向けない自己責任論は、必ずしも正しいとは言えないのではないだろうか。1000万人を超えるワーキングプア層を抱える日本社会において、一度はまりこんだ貧困という底なし沼から抜け出すのは、並大抵のことではない。

 日刊SPA!にて1000万PVを叩き出した「年収100万円」シリーズを書籍化。それに伴ってジャーナリストの吉川ばんびが各章のコラム、第5章を書き下ろしてまとめた新書『年収100万円で生きる-格差都市・東京の肉声-』(扶桑社)よりインタビューを抜粋し、現代日本に巣食う貧困の実態を見る。

◇◇◇

1回3,000円でウリ行為
「稼げない五十路風俗嬢」
立花 薫さん(仮名・55歳)女性
出身/東京都 最終学歴/中学 居住地/東京都 居住形態/賃貸アパート 年収/110万円 職業/風俗嬢 雇用形態/フリーランス 婚姻状況/未婚

手足のしびれは貧乏病だった

©iStock.com

 夏は猛暑となり冬は極寒になる、ここ数年の異常気象。エアコンも十分な防寒設備も持たない貧困者たちにとって、厳しい気温変化との戦いは悩みの種だ。さらに栄養状態が悪いとなれば、その戦いは命がけとなる。池袋の風俗店で働く立花薫さん(仮名・55歳)を取材のために訪ねたのは、2019年の暑い夏の日だった。エアコンのない築48年の木造アパートに暮らす立花さんは、体温と同じぐらいの暑さのなか、まさに生死の境をさまよっていた。

1か月で2~3万円……家財を売っても病にあえぐ

「普段は熟女風俗で月14万~15万円は稼げているのに、お盆休みの閑散期“魔の8月”のせいで、2万~3万円しか稼げていない。仕方がないから扇風機や冷蔵庫を売ってお金にしたら、暑さでダウンしちゃいました」

 ちょうど1週間前、朝起きたら体が動かず手足にもしびれを感じて、慌てて救急車を呼んだという。

「どうにか一命を取りとめたけれど、医者が言うには『貧乏病』とも呼ばれる栄養失調『ウェルニッケ症候群』だって。さらに体力が低下して熱中症になっていました」

 栄養のあるものを食べるには、お金がいる。主戦場での稼ぎに目処がたたず、出会い系サイトなどで1回3000円の“ウリ”も始めた。

「東京オリンピックに向けた“浄化作戦”で風俗への取り締まりは厳しくなると言われています。カラダを売る仕事も、この先どうなることやら……」