昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《性動画も蔓延》米国から覚醒剤密輸の帰国女子大生(22)が乗っかったトレンド

2020/05/26

 新型コロナウイルスの影響で帰国していた女子大生が故郷に取り寄せたのは、覚醒剤だった。女子大生はなぜ禁断の麻薬に手を出したのか。若者の麻薬嗜好の高まりを目の当たりにしてきた捜査関係者は、これが新たなる麻薬禍の始まりに過ぎないことを懸念する。

警視庁 ©iStock

 5月13日に麻薬特例法違反(規制薬物としての所持)容疑で警視庁組織犯罪対策5課に逮捕されたのは大学3年の金沢恵美里容疑者(22)。発端は米国のボーイフレンドからの小包だった。

小包のピーナッツバターの瓶から錠剤を発見

ピーナツバターの瓶の中から見つかった覚せい剤成分を含む錠剤約90錠(5月15日、東京都江東区の東京税関) ©時事通信社

 米国から女子大生宛に成田空港に届いた小包を不審に思った東京税関が開封。なかからは、果たしてピーナッツバターの瓶に入った錠剤が見つかった。鑑定の結果、覚醒剤と判明。ミントの菓子にすり替え、元のように梱包した上で発送された。クリーン・コントロールド・デリバリー(CCD)、泳がせ捜査の始まりだ。

 CCDは1992年から認められた捜査の一種で、麻薬や覚醒剤を荷物のなかから発見した後に別の物に詰め替え、何食わぬ顔で宛先に送付し、その過程で群がる密輸業者らを一網打尽に逮捕する捜査手法だ。

 今回、女子大生はこの捜査に見事はまった。女子大生はそのまま覚醒剤のかわりに詰められた錠剤を受け取った。「覚醒剤と認識しながら受け取った疑いがある」のが逮捕事由だ。たとえ実際に受け取った物がお菓子でも、本人が違法薬物だとの認識があれば、罪に問えるのがこのCCDの特徴だ。