昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《昨日写真を撮りました! 覚えていますか?》

「2013年のハロウィーンでした。花さんは友人と2人で渋谷に遊びに来ていて、僕らのグループに話しかけてきたんです。その場で写真を撮り、その時は、特に会話もせず別れました。翌日に僕がハロウィーンの写真をツイッターに投稿すると、《昨日写真を撮りました! 覚えていますか?》というリプライが花さんからあったんです。

ジャスミンのコスプレをした木村花さん。2013年の渋谷ハロウィーンで(知人提供)

 すぐにダイレクトメッセージを送ると、《うれしいです! 〇〇さんが着ていたパーカーがドツボ! めっちゃ可愛いですね》という返信がありました。何度かやりとりをした後、LINEを交換しました。よく学校からも《暇~!》というLINEが送られて来た。教室で自撮りした画像が送られて来ていたのを覚えています」

 木村さんは男性がDJをやっていることを知ると、こんなメッセージを送ってきたという。

《DJ!!やば!めっちゃかっこいい!》

《DJ!!やば!めっちゃかっこいい! もっかい言います。めっちゃかっこいい!♡ 私、ダンスやってて音楽大好きだからDJとか憧れます》

《花もDJとかやってみたいな! ダンス良いですよね~♡どこでもできるし運動不足解消になるし笑 〇〇さん音楽なにが好きなんですか?》

 いつも音楽やダンスが話題だった。木村さんは、母の試合会場で観たショータイムに出てくるダンサーに憧れ、小学生時代からダンススクールに通い、高校でもダンスに打ちこんでいたという。

女子高生時代の木村花さん。高校1年生だった(知人提供)
教室から送ってきた木村花さんの眠そうな1枚(知人提供)

「お母さんが女子プロレスラーということは知りませんでした。その時はヒップホップダンスをやっていて、『ダンスが好き』と話していました。出会って1カ月くらい経ったときに、お台場のZeep Diver Cityで行われたRIP SLYMEのライブに2人で行きました。

z