昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ペットのブタを追いかける元気な少女だった

 1997年、木村さんはインドネシア人の父と響子さんとの間に生まれ、神奈川県で育った。幼いときに両親が離婚してからは、東京・葛飾に引っ越し、しばらくは母と2人暮らしだった。当時の木村家の近隣住民が話す。

「花ちゃんが小学生くらいの頃、ペットとしてブタを飼っていて、よく脱走したブタを元気に追いかけていて活発な子でした。当時はお母さんも現役レスラーだったので、試合でいないときは、おばあちゃんが花ちゃんの世話に来ていました。お母さんはしつけに厳しく、『なにやってるの!』と、よく家の外まで花ちゃんが怒られている声が聞こえてきました。目が大きくて可愛らしい女の子でしたよ」

木村花さん(インスタグラムより)

 小中学校の同級生が振り返る。

「とことん素直なんですよね。自分の思ったことは何でも表に出していました。木村は柔道部に所属していて、私が柔道部の部室を片付けていたとき、木村の荷物をどかして掃除をしただけで、『やめてくれる?』とめちゃくちゃ怒ってきた。

 そんな性格もあって、中学の時はからかわれていたこともありました。心ない言葉を同級生男子に言われていました。なんでもストレートに言う木村ですが、そのときだけは何も言い返してなかった。怒るわけでも、泣くわけでもなく、ただただ黙って聞いていた。優しいからなのか、周りにSOSも出さないんですよね。何もなかったかのように。彼女から『辛い』って言葉は聞いたことないですね」

 地元の公立中学を卒業後、都立の高校へ進学。木村さんが冒頭の男性と出会ったのはその頃だった。

z