昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ジャンヌ・ダルクは火あぶりになるからイヤ」築地の女性たちが絶望した小池百合子の“二枚舌”

『女帝 小池百合子』より

2020/05/29

 コロナに脅かされる首都の命運を担う政治家・小池百合子。女性初の都知事であり、「次の総理候補」との呼び声も高い。

 しかし、われわれは、彼女のことをどれだけ知っているのだろうか。

2016年、「清水の舞台から飛び下りる覚悟」で都知事選に立候補して当選 ©文藝春秋

「芦屋令嬢」として育ち、謎多きカイロ時代を経て、キャスターから政治の道へ――。常に「風」を巻き起こしながら、権力の頂点を目指す彼女。『女帝 小池百合子』(石井妙子著、文藝春秋)は、今まで明かされることのなかったその数奇な半生を、ノンフィクション作家が3年半の歳月を費やした綿密な取材のもと描き切った。

 小池百合子氏が都知事に当選した翌年に行われた2017年の都議選では、築地市場の豊洲移転問題が大きな争点となった。「築地は守る、豊洲は活かす」と打ち出した裏側では何が起きていたのか。『女帝 小池百合子』より一部を抜粋する。

仲卸業者の意見を熱心に聞き入った

 小池は都議選直前の6月17日、一度だけ築地市場に足を運んでいる。

 2017年6月17日、築地市場を訪問した小池 ©文藝春秋

 集められた仲卸業者を前に、小池は豊洲の汚染が酷かったため移転中止の決断をした、無害化できない状況を申し訳なく思っている、と述べて頭を深々と下げた。移転を中止したまま、結論を出さずにいる小池に対して、仲卸業者は不満を募らせており、小池が頭を下げても部屋の空気は冷ややかだった。

 その後、豊洲への移転反対派、賛成派、双方の仲卸業者が意見を述べた。小池は大きく頷きながら、熱心にメモを取りつつ聞き入った。

 ひととおり仲卸業者の意見を聞き終えると、小池は立ち上がりスピーチを始めた。すると、会場の空気は一転した。美声で感情たっぷりに、築地への愛を切々と訴えたからである。