昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

本当に平壌はあんなに頻繁に停電するの? 「愛の不時着」8つの疑問に在韓記者が答える

「北朝鮮の市場の実態は?」「ロシア留学はありえる?」…

2020/05/31

Q7 北朝鮮の都会と田舎は格差はどのくらい?

 ドラマでは、休戦ラインに程近い田舎にある貧相な社宅村と、高級デパートやホテルが建ち並ぶ首都・平壌の激しい経済格差や生活水準の違いが描かれているが、実際はどうなのだろうか。

Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中

「北朝鮮の全人口(約2500万人)の10分の1にあたる250万人が、平壌で暮らしています。平壌は、党と軍、政府の幹部級と資本家階級などの特権層が暮らす都市です。ドラマの中の平壌の街やホテルから見える風景は、金と物が集中している特権層が住む地域ならありえます。最近、平壌のニュータウンにはタワーマンションが建ち、洋風レストランやコーヒーショップ、ピザ屋などが次々に出店しています。

Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中

 平壌とそれ以外の地域の生活水準の格差は、日に日に広がっています。ドラマの中の社宅村は、むしろ現実に比べてはるかに洗練され、住みやすく描かれています。ドラマで描かれている社宅村は開城地域にあると推測されますが、現実と最も異なるのは『町が明るすぎる』ということ。国境村は電力供給がほとんど行われていませんから、街の街灯はありません。また社宅は粗末で古ぼけた住居が多い。ドラマの中のジョンヒョクの社宅はロマンチックで、ちょっと現実的でないように見えます」