昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「朝イチ」か「朝食後」か? 新型コロナウイルスを寄せ付けない“歯磨き術”

「唾液力」で免疫機能を高めよう!

「ウイルスは、口や鼻などの粘膜を通して体内に入って来ます。そこで注目して欲しいのが、『唾液の力』です。唾液の99%は水分ですが、残り1%に含まれている100種類以上の成分の中に、抗ウイルス・抗菌の作用をもつ免疫物質があります。唾液はいわば、口の中を洗い流す天然の洗剤なのです。

 新型コロナウイルスに対しても、『唾液力』が低下すれば感染しやすくなり、高めておけば感染しにくくなると考えられます」

 こう語るのは、神奈川歯科大学副学長で歯学博士の槻木恵一氏だ。20年にわたって唾液の効能を研究してきた槻木氏は、「唾液腺健康医学」という新しい学問領域を提唱している。

槻木恵一氏(神奈川歯科大学副学長)

細菌やウイルスは“歯周ポケット”から侵入しやすい

「唾液に含まれる抗菌物質のうち、最も強力で分泌量も多いのが、IgA(免疫グロブリンA)です。口の中にウイルスや細菌などの異物が侵入すると、IgAが素早く見つけて取り囲み、粘膜への付着を防ぎます。するとウイルスや細菌は中和され、あるいは活性を失い、感染することなく消化されてしまいます」

 口や鼻や肺の表面を守っているIgAには、悪いウイルスや細菌だけ識別して排除する優れた性質があるという。身体にとって未知の存在である新型コロナウイルスに対しても、撃退効果が期待できるわけだ。

「そんなIgAの働きを阻害して免疫を下げてしまう要因として、激しい運動やストレスのほか、歯周病によってできる歯周ポケットがあります。

 歯周病菌は口の中の常在菌ですから、抗菌作用が働いていれば増えません。しかし、歯周病が進んで歯と歯茎の溝に歯周ポケットができると、IgAはその中まで届きません。細菌やウイルスは、そこから侵入しやすくなるのです」