昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

菅田将暉&小松菜奈の交際の行方は? 山﨑賢人&土屋太鳳、炎上風俗男の純愛……“熱愛PRカップル”の真相

2020/06/20

genre : エンタメ, 芸能

 2020年3月20日、スポーツニッポンであるビッグカップルの交際が報じられた。紙面に登場したのは菅田将暉(27)と小松奈菜(24)だ。2人は4月公開予定だった映画「糸」(公開延期)の撮影をしていた昨年9月頃から、菅田の猛アタックが実り、映画の内容さながらの“恋人”になったという。

ファンも微笑ましく見守る若手俳優&女優カップル

「若い世代に人気が高い美男美女カップルですから、2人が映画の番宣でバラエティ番組に登場するたびにTwitterに《すだななが尊すぎる》《こんなお似合いカップル見たことない》《人類最強CP(カップリング)》などの書き込みが溢れていました。特に4月に放送された『VS嵐』(フジテレビ系)でのイチャイチャしたジャレ合い具合は、ファンから微笑ましく受けとめられていましたよ」(スポーツ紙芸能デスク)

菅田将暉 ©AFLO

 菅田は2013年に映画「共喰い」で「第37回日本アカデミー賞新人俳優賞」を受賞。その後も映画「火花」、NHK大河「おんな城主 直虎」、ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)など次々に話題作に出演し、その演技力の高さで若手俳優陣のなかで抜きんでた評価を受けているのだ。歌手としても活動するなど俳優の枠を飛び越えた活躍をみせている。2019年9月、小栗旬は「火曜サプライズ」(日本テレビ系)出演時に「自分には理解できない才能を持っている」と称賛している。

 小松菜奈もいまや10代20代女性の憧れの的だ。12歳でティーン誌のモデルとしてデビューした後、2014年公開の映画「渇き。」に出演。日本アカデミー賞などその年の新人賞を総なめにし、本格派女優の道を歩んでいる。注目を浴びたのは演技力だけではない。その魅惑的な顔立ちで映画やCMに数多く出演している。

小松菜奈 ©AFLO

 2人はこれまでにも映画「ディストラクション・ベイビーズ」や「溺れるナイフ」(どちらも2016年公開)でも共演を重ねてきたが、ここへきて初めて交際報道が出た。