昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/06/18

そんなにみんな児嶋さんのこと好きだった?

 私もこの放送を聴きながら「(BGM陽気すぎだろ)」と思いつつ胸がジーンとしていました。売れてる相方に何も言えない、つらい……。そのことを私は思わずぽろっとツイートしました。

〈児嶋さんの「自分より売れてるからなにも言えなかった」ってくるな…〉

 

 この何の気ないツイートには、渡部さんへの怒りや結構キツめの罵りと同時に「児嶋さん本当にいい人!」「絶対児嶋さんの方が面白い!」「児嶋さんずっと応援してます!」など熱すぎるエールが思いがけず多数寄せられ、まさに「(このアカウント)西澤だよ!」状態に。

 だって、そんなにみんな児嶋さんのこと好きだった? てかそもそも今までそんなに児嶋さんのこと考えた時間ありました? 急激に押し寄せるこの児嶋アゲのビッグウェーブは一体……。

 その違和感を代弁してくれたのがこちら。児嶋さん涙のラジオと同日深夜、『バナナマンのバナナムーンGOLD』(TBS)での設楽統さんの発言でした。

「頑張ってほしい反面、コジの良さが出なくなる」

「いい人だとか頑張れってところに押し上げられちゃったコジって、なんにもできないから」

「コジっていうのは鼻毛抜いて壁につけて鼻毛の村を作るとか湯船でおしっこしちゃうとかテレビのスイーツ紹介するコーナーでトッポを紹介するとか、そういうのがコジなんだよ」

©時事通信社

 そう、渡部さんのアレがあまりにもアレだったのと、児嶋さん本人の人格は別問題。インターネットはそういうことやりがちなので、誰かを貶すために誰かを過剰に褒め称え、結果褒め殺しにするようなことが大好きなので、児嶋さんが鼻毛の村で心穏やかな日々が送れるよう、私は生温かく見守ろうと思いました。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(17枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z