昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : CREA WEB

genre : エンタメ, 国際, テレビ・ラジオ, 芸能

#5 チャ・ウヌ[ASTRO]
【Instagramフォロワー数 660万人】

“演技ドル”で もっとも期待の新星=顔面天才ウヌ

 

 何しろ韓国では顔面天才、顔天才といえばウヌの代名詞。

 “演技ドル”スタート当初は、トップスター役をいくつか演じたりしてきたが、ヒット作「私のIDはカンナム美人」などで普通の大学生といった役の幅も広がった。

 地上波での初主演ドラマとなった、時代劇「新米史官ク・ヘリョン」での王子役で、「MBC演技大賞」の優秀賞を受賞するなど、これからの韓国ドラマ界を担う“演技ドル”としての期待が大きいウヌ。

 頭脳明晰、温和な性格、そしてクラブは苦手という優等生キャラのウヌが、ピアノの腕前を披露したり、犬と遊んだりと時折ユルい姿を見せてくれるインスタグラムは、ファンにとってはギャップ萌えの宝庫だから、チェックが欠かせない。

チャ・ウヌ
Instagram @eunwo_o_c
1997年生まれ 本名イ・ドンミン。ASTROのセンターでありサブボーカル、ビジュアル担当として2016年デビュー。

【出演ドラマ】
コンプレックスから整形をした女の子が 本当の恋に出会うまで
「私のIDはカンナム美人」

 

 幼いころから容姿のことでいじめを受けていたミレ(イム・スヒャン)は、大学入学を機に美容整形を受ける。

 “カンナム美人(いかにも整形をした顔)”とささやかれながらも、容姿が思い通りに変貌したことで、少しは自信が持てるようになったミレだったが、大学のなかで中学時代の同級生ギョンソク(チャ・ウヌ)と再会してしまう。

 整形前のミレの顔を知るギョンソクは、ミレと知り合ううちに、そのルックスではなく、むしろ彼女の内面の美しさのほうに徐々に惹かれるようになり……。

©Jcontentree corp & JTBC Content Hub Co., Ltd. all rights reserved.

 大ヒットウェブ漫画「私は整形美人」が原作で、オーディションでキャスティングされたウヌは“漫画を破って出てきたようだ”と称されるほど、原作キャラクターとシンクロ率100%の演技、との声も。

 天然美女から目の敵にされるミレを陰で助けてやったりと、見かけに騙されることのないギョンソクの行動は、まさに世の女性の理想像かも。

 このドラマのヒットをきっかけに、ウヌの評判は、お茶の間へとさらに広まることになった。イケメンアイドルとしてだけなく“演技ドル”としての知名度が急上昇したのだ。

 そんな周囲の人すべてを魅了するような麗しい容姿から、ウヌは“顔面天才”とのニックネームを持っている。

©Jcontentree corp. all rights reserved.

「私のIDはカンナム美人」(2018年)
価格 DVD-BOX1&2 各17,000円(税抜)
発売元 「私のIDはカンナム美人」日本語版製作委員会
販売元 TCエンタテインメント
http://www.tc-ent.co.jp/sp/kannamubijin/


【ドラマ】2作目に迷ったらコレがオススメ!
「僕たちの復讐ノート」(2017年)

 

※フォロワー数はすべて4月13日時点の編集部調べ。

記事提供:CREA WEB

この記事の写真(20枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー