昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「嫌いな女優」に初登場した土屋太鳳、吉岡里帆……

 さて「嫌いな女優」。1位はもはや殿堂入りとしたい気もする泉ピン子(70)。

「いつも威張ってる」(59・男)

「大物女優とは樹木希林や吉永小百合のことを言うのであって、泉ピン子はただの大口女優である」(56・男)

 広瀬すず(19)は2回連続の2位。特徴的なのは同世代からの嫌い票。

「あのわざとらしい喋り方が嫌い。何でもかんでも広瀬すずを使うのが理解できない」(17・女)

「いつもすずちゃんじゃ流石に飽きます。顔は可愛いけど」(20・女)

前回同様、嫌い2位の広瀬すず

 やはり女の敵は女らしい。

 好き部門でランクアップした石原さとみは、嫌いでも6位から3位に上昇。

「キンキン声で喋るところが駄目」(49・女)

「年々メイクがキツくなってきた」(30・男)

 ちなみに某民放関係者もこう証言していた。

「カメラ映りにうるさくてモニターを見て機嫌が悪くなることがありますね」

 ここからは初登場にして上位の嫌われ組。まずは5位の土屋太鳳(23)。青春ラブストーリー作品の常連だが、そこにツッコミが。

「無理な高校生役など、なぜこの人を、というキャスティングが多い」(47・女)

「媚びたような喋り方が不快」(68・女)

「キャラクターがわざとらしい」(22・男)

 6位は「きみが心に棲みついた」(TBS系)で連ドラ初主演をした吉岡里帆

「演技が上手いのかよくわからない。正直ゴールデンで主役を演じるほどの女優なのか?」(39・女)

「あざとさ全開で性格の悪さが滲み出ている」(32・女)

左:土屋太鳳は嫌い5位に初登場/右:嫌い6位の吉岡里帆。好嫌ともに上位

 だがコラムニストの今井舞氏は「どうせならとことん女性に嫌われて」と語る。

「どん兵衛のCMの上目遣いのキツネが一番のハマり役。ドラマでは同性の目を気にしてか、少し腰が引けているのが残念です」

 7位の沢尻エリカ(31)、8位の前田敦子(26)の常連組に続き、今回もトップテン入りした高畑充希(26)。

「演技派だという匂いをプンプンさせてる」(58・男)

「自信過剰過ぎ」(67・女)

 好感度女優だったはずの吉田羊(年齢非公開)は、Hey! Say! JUMPの中島裕翔(24)との熱愛報道がいまだ尾を引き、今回も10位に。

「20も年下の男を手玉に取った超肉食系なのに、クールビューティないい女ぶっている」(49・女)

「大したことないのに大物ぶってる感じ」(71・男)

 15位に入り、嫌われ女優の仲間入りをしたのは、4月から主演ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(日テレ系)が始まる菜々緒(29)。

「悪女役は合っているけど、京劇のようなメイクが怖い」(69・女)

この記事の写真(8枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー