昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【ワースト30発表】「嫌いな男優」2020 アンケート結果発表 Part2

中居正広、綾野剛、中村倫也、反町隆史、櫻井翔……

17位 桐谷健太(40)「暑苦しい」

桐谷健太 ©︎文藝春秋

「知的な役が似合わないから」(女・55)

「バラエティー番組やCM出演では気になりませんが、ドラマでのセリフが聞き取りにくいです」(女・67)

「画面からくる暑苦しさ感、さらにダミ声が不快でチャンネル変えたくなります」(女・60)

「悪い人ではないと思うのですが、役者としてはあまり好きではありません」(女・45)

「主役より前に出てくる感じが嫌い」(女・60)

「何をやっても暑苦しい感じ」(女・53)

17位 堺雅人(46)「イメージが固まってしまった」

堺雅人 ©︎文藝春秋

「正直『半沢直樹』(TBS系)のイメージが強すぎる。よくキムタクが“何をやってもキムタク”と言われるが、堺雅人も“何をやっても堺雅人”だと思う」(女・47)

「イメージが固まってしまって、どの作品を見ても役に溶け込んで見えなくなってしまった」(男・48)

「いつもニヤけたような顔のどこがいいのか、理解出来ない」(男・53)

「怒り、悲しみ、喜びという全く違う感情表現について、ワンパターンのにやけ顔で対応をする。あの意味不明なにやけ顔は一体全体何なのだろうか。鼻につく」(男・62)

「なんだかよくわからない意味不明な笑顔が苦手」(女・55)

「なよなよしているところ」(女・51)

「俳優歴は長いのに演技の幅がないような……」(女・45)

16位 福士蒼汰(27)「かっこいいアピールが…」

福士蒼汰 ©getty

「単純にいつまで経っても上手くならない。なのに主役張ってる。向上心がないのか、センスがないのか、どっち?」(女・61)

「なぜ主演ばかりしているのかが不思議でならない。演技力も人気もないと思うのですが……」(女・57)

「演技もあまりいい意味での変化は見られなく、顔つきも悪くなってきたように見える」(女・28)

「演技がうまくないと思う。自分はかっこいいアピールを出しすぎ」(男・53)

「わざとらしい演技が目立つ」(男・67)

「せっかくの作品が安っぽくなってしまう」(男・44)

 

この記事の写真(24枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー