昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【ワースト30発表】「嫌いな女優」2020 アンケート結果発表 Part2

松嶋菜々子、前田敦子、上白石萌音、菜々緒、藤原紀香……

21位 上白石萌音(22)「演技の幅がない」

上白石萌音 ©文藝春秋

「『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)での演技やキャラがあまり良くなかったから、嫌いになってしまった」(女・18)

「女優としてのオーラを感じない。演技力があるとは思えない」(女・41)

「演技力がない。幅の広い演技ができず、いつも演技が同じ。人間性は良さそうですが……」(女・58)

「演技が上手いかと言われると微妙だし、あのニコニコ笑顔やおっとりした喋り方、女性っぽさやいい子を前面に出されるとあざとく感じるというか……。上手く説明出来ないですが、どうも苦手」(女・30)

21位 深田恭子(37)「20代の時と演技が変わらない」

深田恭子 ©文藝春秋

「あの『小首傾げてキョトン顔』は、もはや伝統芸の域」(女・53)

「何をやっても一本調子」(男・70)

「笑顔が不自然」(男・34)

「お芝居が通り一遍で飽きる」(女・28)

「すごくしゃべり方も演技もべたべた女性を売りにしていて好きになれない。作っている感じがする」(女・53)

「以前は可愛くて好きでしたが、このところ、何か無理をしているように感じてしまい、嫌いというより『痛い……』という印象を受けてます」(女・49)

「20代の時と演技が変わらない」(女・48)

「あざとい感じが苦手です」(女・51)