昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【ワースト30発表】「嫌いな女優」2020 アンケート結果発表 Part2

松嶋菜々子、前田敦子、上白石萌音、菜々緒、藤原紀香……

19位 高畑淳子(65)「どんな役でもぐいぐい押し付けてくる」

高畑淳子 ©文藝春秋

「女性従業員へ乱暴した息子の、非常に悪いイメージがつきまとう」(男・50)

「美人だが、かえって冷たさが表情に出る。ご子息の事件では辟易した。役柄はなんでもこなせそうだが、舞台女優にありがちな過剰な演技がしらけさせる」(男・65)

「うまいけど、顔で損している。うるさいおばさんが抜けない」(男・58)

「全てにおいて大味」(男・50)

「どんな役でもタカハタ節でぐいぐい押し付けてくる」(女・58)

「濃過ぎる感じ」(男・71)

「意地悪そうな顔なのに、仕事を選んで“良い人”の役しかやらない女優」(男・55)

「でしゃばり過ぎで、将来は泉ピン子なのでは」(女・50)

19位 吉岡里帆(27)「あざとい雰囲気が苦手」

吉岡里帆 ©AFLO

「映画『パラレルワールド・ラブストーリー』にも出演しましたが、演技がオーバーであざとい感じがするから」(男・37)

「どんぎつねのあざとい雰囲気そのものが苦手」(女・43)

「可愛いけど主演となると魅力がなくなってしまうし、ドラマではどうかなと思う」(女・28)

「きれいで透明感のある方なのですが、どこかわざとらしいというか、あざとさのようなものを感じてしまう雰囲気が苦手」(女・39)

「役のせいか必要以上にドラマに出過ぎのせいか分からないけど、CMで声を聞いたりドラマに出てきたりするだけで、嫌悪感を覚える」(女・50)

「芸能人の中で断トツで無理。スタイルも演技も全く華がない」(女・32)

「したたかなぶりっこ感が気持ち悪い」(女・28)

「あざとさが前面に出過ぎている」(女・35)

「演技力ゼロ。嫁さんだったら最高なんだけど……」(男・30)

17位 菜々緒(31)「ストイックな感じが…」

菜々緒 ©getty

「『4分間のマリーゴールド』(TBS系)では違和感しかなかった。ドSっぽい役しか合わないし演技の幅が狭い」(女・49)

「モデルだけやってた方がよい」(女・39)

「顔が怖い。声も強張っていて人工的なところが苦手。女優よりモデルの方が良いのでは、といつも感じる」(女・50)

「頑張ってる感じが見えるので、もう少し楽になってもいいんじゃないかなと……。ストイックな感じがテレビで見えてきて、こっちが疲れてしまいます」(女・45)

「キツそうで苦手」(男・27)

「顔が怖いので何をやっても悪女に見える」(女・65)

「綺麗でスタイルいいけど、あまり人間味を感じない」(男・30)

17位 藤原紀香(48)「自分大好き感が鼻につく」

藤原紀香 ©文藝春秋

「いつも怪しげな商品に手を出して宣伝しているイメージ」(男・37)

「胸とか露出が多くてダメです」(男・48)

「自己アピールと若作りがイタい」(男・48)

「最近見かけないけど、派手すぎるし演技が下手」(女・78)

「演技が好きじゃない」(女・36)

「大物感を出しているから」(男・37)

「露出が多い。もう女優業は良い気がする」(女・39)

「キムタクの女性版。“芸能ムラ”の悪しきニオイが全身から漂っている。彼女が映るとチャンネルを変える」(男・68)

「自分大好き感が半端なく、それが鼻につく」(女・58)

 
 

この記事の写真(18枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー