昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

手越祐也と昭恵夫人「定期的に会う会」の衝撃 外出自粛しない2人が「語り合ったこと」

「ビジョンについて話していました」

2020/06/25

 ジャニーズ事務所を退所した元NEWS手越祐也の緊急記者会見。私が注目したのはここでした。

「手越、昭恵夫人と『定期的に会う会あった』花見否定」(ニッカンスポーツ・コム6月23日)

「昭恵さんは明るい方」

 自粛期間中の3月下旬に、安倍昭恵夫人と“花見”をしていたと報じられた件について、

「昭恵さんはプライベートでも良くしてくださっていて、ボランティアに興味がおありになる方で明るい方。僕も根っから明るい性格でお会いすることになって、自粛前からオフレコでボランティアに参加はしていた。定期的に会う会があった」

「花見をやったわけではなく、行ったレストランの庭の桜がたまたま満開だった」と話した元NEWSの手越祐也 ©吉田暁史

 超ポジティブな手越くんが昭恵夫人を「明るい方」と。

 さらに「世界が暗い現状を明るくしていけるかという話をずっとしていました。中身は健全というか、ビジョンについて話していました」。

「世界平和の実現を考えています」

 ここまで聞いて、私はあれが花見かどうかより昭恵さんと手越くんが世界平和について考える会を定期的におこなっているほうが重要に思えてきた。

 現在『女帝 小池百合子』が話題のノンフィクション作家の石井妙子氏は3年前に安倍昭恵氏についてもルポを書いている。「自由奔放な振る舞いの源流を辿る 安倍昭恵『家庭内野党』の真実」(「文藝春秋」2017年3月号)がそれだ。

安倍昭恵夫人 ©文藝春秋

 インタビューされた昭恵氏は日本をどうアピールしていくかを考えたい、日本の文化のすばらしさを日本人自身がよく知らないでいると述べたあとに、

「あとは世界平和の実現を考えています。いまだに紛争が続き、貧困もなくならない状況はどうしてなのか。やはり本質まで掘り下げて世の中の仕組みを変えていかなくてはと思う」

 やはり昭恵さんは世界平和を考えていた!