昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 また、日程も決まらず未定のままとなっている岡江さんの「お別れ会」について、戸張氏は次のように明かす。

「葬儀や納骨というのはまだ聞いていません。獏ちゃんや美帆ちゃんとお別れ会を行いたいと話し合っているのですが、コロナの影響で人数制限などもあり、できる状態ではありません。生前、親交のあった方々が参加できるしっかりしたお別れ会をすぐにでも開いてあげたい気持ちですが、今はできません。

大和田美帆のブログより(2020年6月23日)

 獏ちゃんも『お別れ会をしなければいけないよね。それができていないのが、とても悔しい』と言っていました。それができるまでは彼もきっと心の整理がつかないんでしょう。僕も当初は今年9月前後にはできるかなと考えていましたが、難しいですね。しかし、たとえ1年後、2年後になっても、ケジメをつけさせてあげたい。獏ちゃんは今年70歳になりますし、先に妻を失った毎日は大変辛いと思います。お別れ会は岡江に対する私の最後の仕事です」(戸張氏)

獏さんには出演オファー相次ぐ

 仕事を再開した大和田の元にはテレビや出版社からオファーが相次いでいる。だが、戸張氏は「まだ岡江のことについては話せる状態ではない」という。

岡江久美子さん ©文藝春秋

「確かに多くのメディアからインタビュー取材の依頼などはたくさんいただいています。最初は僕のほうで忖度してお断りしていました。最近、改めて本人に聞きましたが『まだできません』とのことでしたので、すべてお断りしています。ただ、舞台の再演に出演することは決まっています。彼も役者なので、舞台から始めたいという気持ちが強いのかもしれません」(戸張氏)

 一日も早く岡江さんの命を奪ったコロナが終息し、お別れ会が無事行われる日が来ることを祈りたい。

この記事の写真(8枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー