昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/07/05

 また肘掛に内蔵されているテーブルを出すように、肘掛上部を少し開きその間に腕を入れることで、腕をエアーでマッサージしてくれる機種も。こちらも人では施術できない広範囲を一度に揉み解すので新感覚のマッサージが楽しめる。エアーバッグを使うマッサージは、高級機にしかないので試したことがない方はぜひ!

 これもあまりの気持ちよさに、眠気を誘うので、飛行機の搭乗待ちなどで使う場合は、事前にしっかりアラームをセットしておいてほしい。

マッサージチェア目当てで“あのホテル”が人気!?

 盆暮れの帰省ラッシュは、どの高速道路も渋滞して、ブレーキを頻繁に踏む足が痛くなる。ましてやマニュアル車なら、クラッチの左足もパンパンだ。そんなときオススメしたいのが、インターチェンジ近くにあるラブホテル(ファッションホテル)だ。

 ホテル業界も生き残りをかけて、部屋に工夫をしている店舗も多く、その目玉としてマッサージチェアを導入している店も多い。しかもインターネットで各部屋の様子を紹介しているホテルも多く、あらかじめドコのインターチェンジの何というホテルの、何号室にはマッサージチェアがあるという情報を手に入れられる。

©iStock.com

 また、写真があれば、メーカーのホームページと見比べてどのモデルが入っているかも分かってしまう! インターネッツ最高!

 渋滞で疲れた足を癒すには、ラブホテルの休憩がいちばん。彼氏・彼女や夫婦で一緒に入れるのはもちろん、最近では一人で利用しても断られることはないようだ。

 また温泉地にあるラブホテルは、部屋のお風呂が温泉だったりするので、ちょっとした旅館気分も味わえる。立派な食事がないだけで、サービスは温泉旅館、いや部屋の広さやアメニティーを考えたら、それ以上の高級温泉旅館と言ってもいいだろう。ふたりが密というのは別にして、場所が場所だけにしっかり清掃・消臭・消毒もされている。

 当然、部屋にあるマッサージチェアは、無料で使い放題。揉み返しに注意しつつ、足のマッサージを思う存分すれば、休憩の料金は十分に元が取れるだろう。マッサージ好きにしてみれば、Afterコロナの最高のエンターテインメント施設と言えるかもしれない。

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー