昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“テラハ史上No.1天使”田中優衣さんが明かす「誹謗中傷の嵐の中にいた地獄の日々」

恋愛リアリティ番組『テラスハウス』出演・田中優衣さんインタビュー #1

 恋愛リアリティ番組『テラスハウス』に出演していたプロレスラーの木村花さんが亡くなって1ヶ月が経った。

 フジテレビでの地上波放送に加えて、動画配信サービス「Netflix」での配信もされていた同番組は、若者を中心に大ヒット。2019年5月からは新シリーズ「TOKYO 2019-2020」も始まり、木村花さんは昨年9月にテラスハウスに入居していた。しかし、新型コロナウイルスによる影響で撮影が中断していた5月23日、自宅マンションで亡くなっていたことが分かった。番組を見た視聴者からの誹謗中傷に悩んでいたという。

 前シリーズ「OPENING NEW DOORS (2017–2018)」に出演し、「テラスハウス史上No.1の天使」と言われた田中優衣さん。彼女もまた、番組内での言動などについて、多くの視聴者から送られてくる誹謗中傷に悩む日々を送っていた。

 田中さんが明かした、“地獄のような日々”とは――。

(全2回の1回目/#2へ続く)

前シリーズ「OPENING NEW DOORS (2017–2018)」に出演した田中優衣さん

◆◆◆

母から「絶対に死なないでほしい」と言われたあの頃

――木村花さんの死去を受けて、テラスハウスに入居されていた方もインタビューに答えています。田中さんにもそういうお話はありました?

田中 ありました。でも皆さんがショックを受けていてSNS上でも「ああでもない、こうでもない」と盛り上がっているのを見て、そんな時に私が出ていって、何かお話ししても「お前が言うな」と、さらに炎上を搔き立ててしまうかなと思ったんです。なので、すべてお断りしていたんです。

――いま、このタイミングで話そうと思ったのは何かきっかけがあったんですか?

田中 うーん……。私も東京編を見ていて思うことがゼロではなかったので、お話してみようかなと思ったんです。少し時間も経って自分の中でもある程度整理がついたということもあります。

 

 報道を見た時は、とにかく悲しいことが起こってしまったという衝撃が1番で、それ以上のことが考えられなかったけど、徐々に自分がテラスハウスに入居していたころを思い出して……。当時、私も匿名で送られてくる色んなコメントや感想にショックを受けていて、周りにすごく心配されましたし、母からは「絶対に死なないでほしい」とまで言われていました。

「ホームで電車を待つときは後ろに気をつけろよ」

――田中さんは前シリーズで、常に批判の矢面に立っていた印象があります。