昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

出所する囚人に整形手術をすると……けっきょく“見た目がすべて”なのか

『女と男 なぜわかりあえないのか』(橘玲 著)より #3

2020/07/19

作家・橘玲さんの「週刊文春」連載が『女と男 なぜわかりあえないのか』(文春新書)として書籍化。その一部を紹介する。女と男、この厄介な関係性の正体とは――。

性格や成績はモテとほとんど関係がない

 あらためていうほどのことでもないのだが、外見は第一印象に大きな影響を与える。

 1960年代の有名な実験では、アメリカ、ミネソタ大学の一年生を対象に研究者が「お見合い」を主催した。

 学生たちは最初に性格検査を受け、上級生がひそかに外見的魅力を測定した。その後、コンピュータがランダムに選んだ相手とペアになって2時間半ほどのパーティに参加し、「このときのパートナーともういちどデートしたいか」を訊ねられた。

©iStock.com

 研究者の手元には、参加者の性格、大学の成績、外見的魅力のデータが揃った。これらの要素と「モテ」がどう関係しているのかを調べるのが実験の狙いだ。

 その結果を要約すると、「男らしさ/女らしさ」を含め性格はモテとほとんど関係なく、成績がいいか悪いかも同じだった。男子学生も女子学生も、もういちどデートしたいと判断した基準は、唯一「外見の魅力」だった。

 この実験は大きな衝撃を与え、その後、さまざまな検証が行なわれたが、その結果は残念なものだった。

「恋活パーティ」方式でつき合いたい相手を自由に選択させたところ、外見とモテの相関関係はさらに上がって圧倒的になった。性格が似ているカップルと似ていないカップルを組み合わせた実験では、性格の一致はたしかに好感度を高めたが、外見さえよければ性格不一致でも同じくらいモテた。

 相手の内面を知れば外見は重要ではなくなると考えた研究者もいたが、デートを5回繰り返しても外見の魅力の影響力は変わらず、内面はまったく考慮されていないかのようだった。女性の写真を使った日本の実験でも、「デートに誘いたい」「恋人にしたい」理由は美しさが飛びぬけていた(※1)。

©iStock.com

「外見」より重要な要素

 だがここで絶望することはない。これらの実験はすべて大学生を被験者にしていて、さまざまな年齢や職業の男女が出会う状況を再現できているわけではないからだ。

 だとしたら、大人の恋愛ではどうなのか? これは婚活サイトのビッグデータを使った研究があって、そこでは「外見」より重要な要素があることが示されている。それが、女の「若さ」と男の「カネ」だ。