昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

トランプ大統領が「マスク着用」に踏み切った2つの理由

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会, 政治, 国際

マスクを巡り深まるアメリカの分断

 

トランプ大統領の態度が一変

アメリカで、新型コロナウイルスの1日の新規感染者が7万人にせまる中、マスクを巡って分断が深まっている。

これまで公の場でのマスク着用を頑なに拒否してきたトランプ大統領が態度を一変、11日、公の場で初めてマスクを着用して報道陣の前に姿を見せた。

そもそも、マスク着用を拒んでいたのは、弱いリーダーと見られたくないという思惑や、「個人の自由」を理由にマスク着用に反対する保守層が自身の支持層と重なった事などが理由とみられる。

マスク着用は「反トランプ」、マスク着用なしは「親トランプ」

マスクとサングラスによる「完全防備」でイベントに参加するバイデン前副大統領(5月25日撮影)

一方、大統領選の対抗馬となることが確実なライバル、民主党のバイデン前副大統領はマスクにサングラスの「完全防備」でイベントに出席。トランプ大統領とは正反対の対応をとり、マスクを着用しないトランプ氏を徹底的に批判している。アメリカではマスク着用が政治問題化しマスクを着ければ「反トランプ」で、マスク着けなければ「親トランプ」という不毛な対立を生んでいる。

マスクを着用するよう注意された男性が逆切れする動画がツイッターで拡散し話題となったり、オハイオ州でマスク着用の義務化に抗議するデモが行われるなど対立が広がり、分断が深まっているのだ。

マスク着用の義務化に反対するアイオワ州の市民
独立記念日のイベント会場の周辺ではマスク30万枚が無料で配布された

7月4日の独立記念日の花火大会では、当局が会場周辺でマスク30万枚を配り、着用を求めた。取材してみると「親トランプ」と「反トランプ」でマスク着用に対する受け止めが大きく違っていて驚かされた。

ウェストバージニア州から訪れたトランプ大統領の支持者は「マスク着用は効果があるか分からない」とマスク着用には否定的な考えを示したのに対し、フロリダ州から訪れていたトランプ反対派は「マスクを着けてソーシャルディスタンスを徹底しています」とマスク着用の重要性を強調していた。

方針転換をした2つの大きな理由

トランプ大統領がここに来てマスク着用に踏み切ったのには、大きく二つの理由がある。