昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

舞台クラスター出演俳優を直撃「 “出待ち禁止”にしていたが、ファンは握手しないと家までついてきちゃう」

自身もコロナ陽性「とにかくだるかったが、舞台の疲れだと……」

 俳優・山本裕典(32)をはじめ、キャストやスタッフ、観客らが新型コロナウイルスに感染した舞台「THE★JINRO-イケメン人狼アイドルは誰だ!!-」(※以下「THE★JINRO」)。舞台は小劇場・新宿シアターモリエールで6月30日から7月5日まで上演され、7月15日現在で確認された感染者数は59人、濃厚接触者は850人に及ぶ。事態を重く見た小池百合子知事は徹底的に調査をする姿勢を表明している。

 波紋を広げるこの“舞台クラスター”については、連日のように「出演者とファンがハグや握手をしていた」「観客が配布されたフェイスシールドをしていなかった」「体調不良の出演者がいたのに舞台を強行した」といった内情が報道され、業界内外から批判と困惑の声が上がっている。

山本裕典(「THE★JINRO」特設サイトより)

 7月14日、劇作家の鴻上尚史氏(61)はTwitterに「主催者の方のおっしゃる『できるだけの感染防止対策』では何がまずかったのかどういう状況だと観客全員が濃厚接触になるのか、詳しく知りたいです」と綴っている。

 なぜ“舞台クラスター”は発生してしまったのか。「THE★JINRO」に出演し、新型コロナに感染した俳優・A氏に電話で話を聞いた。

「『何が悪かったのか』って毎日考えています」

 A氏は甘いマスクで多くの女性ファンの支持を集めるイケメン舞台俳優だ。「THE★JINRO」の千秋楽を7月5日に終え、後日PCR検査を受けたところ、感染が発覚。現在は都内の病院に入院中だが、取材をした7月14日の時点では「体温は36度台で食欲もある」という。

「感染がわかって最初の2、3日間は倦怠感が多少ありましたが、今は体調もよくなりました。毎日のように僕らの舞台について報道されていますが、僕も『何が悪かったのか』って毎日考えています」

 A氏曰く、舞台運営にあたっては「できる限りのことはやっていた」のだという。